読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

2016年10月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント

日本酒イベント 日本酒イベント-開催情報

広告

こんにちは、しーたかです。
 
2016年10月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント
と題して、2016年10月に行われる、注目の日本酒イベントを紹介しようと思います。
 
まだ詳細が決まっていないイベントや、まだ掲載出来ていないイベントもありますので、随時更新していきます!
 

純米酒フェスティバル2016秋

f:id:sakearchive:20160831161902j:image
日にち:2016年10月2日(日)
時 間: 昼の部 12:00~14:30(受付開始11:30)
    午後の部 16:00~18:30(受付開始15:30)
    ※2部入れ替え制
    ※昼の部は完売しました。
会 場:ベルサール渋谷ファースト「イベントホール」
会 費:前売りのみ 6600円(税込)
    ※お土産として、四合瓶(720ml)の純米酒が1本つきます。
定 員:各回600名
申込み:下記リンクを参照
純米酒普及推進委員会が主催するイベント!
実は自分まだこのイベント行ったことないです。行こうと思っても、他の日本酒イベントと日時がバッティングすることが多く、なかなか行けずにいます。
申込み方法が若干面倒くさい仕様なのがマイナスポイントか?
こちらのイベントはお土産で720ml詰の純米酒が一本お土産で付いてきますので、酔っぱらって帰りに割らないように気をつけましょう!(笑)

若手の夜明け@渋谷(2016年秋開催)

f:id:sakearchive:20160902130518j:image

日にち:2016年10月9日(日)
時 間:第1部 12:30~14:00
    第2部 14:45~16:15
    第3部 17:00~19:00
※第1部と第2部はお酒の試飲のみ
※第3部は蔵元様との交流会。簡単なつまみあり。
会 場:ベルサール渋谷ガーデン
会 費:第1部、第2部 1800円
    第3部 3000円
申込み:前売り券はイープラス(下記リンク)で販売
出展銘柄
陸奥八仙
一白水成
萩の鶴
山和
宮寒梅
黄金澤
天明
山の井
廣戸川
加茂錦
山城屋
仙禽
月の井
町田酒造
松みどり
青煌
澤の花
白隠正宗
津島屋
竹雀
播州一献
みむろ杉
紀土
出雲富士
ちえびじん
花の香
瑞鷹
亀萬
 
東京では年に2回の大人気イベント、若手の夜明け@渋谷の開催が決定しました!
 
『若手の夜明け』は、全国の有力な若手蔵元が集まって、自慢の美酒を振る舞う試飲会形式のイベントです。
東京では毎年春と秋に開催されており、毎回大変な人気を博しています。
今回は九州から熊本の酒蔵も3蔵出展します!北から南までお酒を飲み比べると味の違いがハッキリわかって面白いですよ~。
 
ちなみに2016年の若手の夜明け春開催の様子はコチラ↓

2016 ぐんまの酒フェスタ

f:id:sakearchive:20160831161755p:image
日にち:2016年10月12日(水)
時 間:16:30~19:30(受付は18:50まで)
会 場:東京交通会館 12F ダイヤモンドホール
会 費:前売り 1500円(税込)
    当日  2500円(税込)
申込み:前売り券はイープラス(下記リンク)で販売
■代表銘柄・参加蔵元
町田酒造・町田酒造店
結人・柳澤酒造
聖・聖酒造
大盃・牧野酒造
船尾瀧・柴崎酒造
巌・高井
流輝・松屋酒造
鳳凰聖徳・聖徳酩醸
浅間山・浅間酒造
咲耶美・貴娘酒造
譽國光・土田酒造
左大臣・大利根酒造
水芭蕉・永井酒造
利根錦・永井本家
赤城山・近藤酒造
分福・分福酒造
利根川育ち・山川酒造
群馬泉・島岡酒造
 
こちらは群馬の酒造組合が主催するイベント!
群馬の日本酒、というとあまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には隠れた銘醸地だと思っています。群馬・栃木・茨城の北関東エリアは美味しい酒多いんです!
 
平日のイベントとはいえ、場所が有楽町の東京交通会館なので、お仕事帰りの方もフラッと立ち寄れますね。
 
個人的オススメ銘柄は『巌』『聖』『町田酒造』『分福』『水芭蕉』あたりでしょうか。

ワイン・日本酒・焼酎を楽しむ会

f:id:sakearchive:20160831162041j:image
日にち:2016年10月5日(水)
時 間:18:00~20:30(受付は17:45~20:00の間)
会 場:ホテル キャメロットジャパン 5F ジュビリー
    神奈川県横浜市西区北幸1-11-3
会 費:前売り 2000円(税込)
    当日  4000円(税込)
※当日券は現金のみでの支払い
申込み:前売り券はイープラス(下記リンク)で販売
 
横浜駅から徒歩5分のホテルで開催されるイベントです。
(株)神酒連という卸業者が主催するイベントなので、全国各地の問屋経由系日本酒が堪能できます!日本酒がほとんどですが、ワインと焼酎も出品されます。
 
出品メーカーはこちらを参照
 
『出羽桜』『まんさくの花』『天の戸』『八海山』『奥の松』など全国的に有名な銘柄も提供されるようです。
意外かもしれませんが、横浜市内でこういった一般向けの試飲会が行われることは少ないです。お近くの方はこの機会にいかがでしょうか?

広告

 

第8回やまぐち地酒維新

f:id:sakearchive:20160831161722j:image
日にち:2016年10月13日(木)
時 間:19:00~21:00(受付開始18時30分~)
会 場:ホテル椿山荘東京 プラザ棟5階オリオン
    東京都文京区関口2-10-8
会 費:前売りのみ 8000円(税込)
    ※着席、お食事は個別配膳、お土産付き
定 員:500名
申込み:前売り券はイープラス(下記リンク)で販売
※チケットは完売したようです
代表銘柄・参加蔵元
 
■代表銘柄・参加蔵元(20社)
杉姫・山城屋酒造
山頭火・金光酒造
和可娘・新谷酒造
雁木・八百新酒造
五橋・酒井酒造
金冠黒松・村重酒造
金雀・堀江酒場
獺祭・旭酒造
原田・はつもみぢ
毛利公・山縣本店
寿・中島屋酒造場
金分銅・金分銅酒造
貴・永山本家酒造場
山猿・永山酒造
宝船・中村酒造
長陽福娘・岩崎酒造
長門峡・岡崎酒造場
八千代・八千代酒造
東洋美人・澄川酒造場
阿武の鶴・阿武の鶴酒造
 
山口県酒造組合が主催するイベントです。
山口県の名だたる銘酒と、とらふぐや地元食材を使った料理を味わうことができます。
と、ここまで書いておいて、なんなのですが、
なんとチケットは完売してしまったそうです…!
 
前売りチケットの価格が8000円とやや高額であるのにも関わらず、9月を待たずして早期の完売です。いやぁすごい!
山口の地酒が旨いというのは、大前提としてあります。それに、椿山荘でとらふぐの食事付きで8000円というのはかなり魅力的ですよね。
参加される方がうらやましい…。来年は日程が合えば参加したいところです。
 

日本酒天国2016 東京大試飲会

f:id:sakearchive:20160930161920j:image
日にち:2016年10月21日(金)
時 間: 第1部 15:00~17:00
     第2部 18:30~20:30
    ※完全予約制
    ※第1部と第2部は完全入替制
会 場:京王プラザホテル 5F コンコードボールルーム
    東京都新宿区西新宿2-2-1
会 費:前売りのみ 5000円(税込)
    ※特製折詰め付
定 員:各回1000名
申込み:イープラスからチケット購入
出展予定メーカー
【清酒】
男山(北海道) 天寿(秋田) 秀よし(秋田) 飛良泉(秋田) 一ノ蔵(宮城) 
浦霞(宮城) 大山(山形) 出羽ノ雪(山形) 米鶴(山形) 千代寿(山形) 榮川(福島) 
大七(福島) 奥の松(福島) 名倉山(福島) 一人娘(茨城) 開華(栃木) 霧降(栃木) 
甲子(千葉) 澤乃井(東京) 真澄(長野) 信濃錦(長野) 七笑(長野) 越の誉(新潟) 
白瀧(新潟) 北洋(富山) 萬歳楽(石川) 若竹(静岡) 蓬莱泉・明眸(愛知) 
久寿玉(岐阜) 若戎(三重) 旭日(滋賀) 月の桂(京都) 春鹿(奈良) 八重垣(兵庫) 
小鼓(兵庫) 簸上正宗・七冠馬(島根) 嘉美心(岡山) 賀茂泉(広島) 華鳩(広島) 
五橋(山口) 鳴門鯛(徳島) 梅錦(愛媛) 司牡丹(高知) 西の関(大分) れいざん(熊本)
【みりん】
三河みりん(愛知) 
【焼酎&泡盛】
天盃(福岡) さつま五代(鹿児島) 鉄幹(鹿児島) 加那・珊瑚(鹿児島) 
龍宮(鹿児島) 瑞泉(沖縄) 
【ワイン&ビール】
タケダワイン(山形) 五一わいん(長野) コエドビール(埼玉)
 
こちらは日本名門酒会が主催するイベント。
 
北は北海道から南は沖縄まで、各メーカーのブースを巡って試飲するイベントです。
 
メインとなるのは日本酒ですが、その他にも焼酎や泡盛、みりん、ワインとビールも試飲することができます。
 
「最初から最後まで日本酒はキツい」という方もこれなら参加しやすいのではないでしょうか。
それにスパークリング日本酒のブース日本酒を使ったカクテルのブースもあるので、普通の日本酒に飲み飽きてしまっても、逃げ道がたくさん用意されています(笑)
 
お酒に合うおつまみの入った特製の折詰めもついてくるので、食事の心配もいりません!ちなみに去年の折詰めはこんな感じです。f:id:sakearchive:20160930162124j:image
せっかくの金曜開催ですし、多いに飲んで楽しみましょう!
 

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2016受賞 プレミアム日本酒試飲会

日にち:2016年10月22日(土)
時 間: 第1部 14:00~15:30
     第2部 16:30~18:00
    ※事前申込みのチケット制
    ※第1部と第2部は完全入替制
会 場:YUITO 日本橋室町野村ビル 6階ホール
    東京都中央区日本橋室町2-4-3
会 費:前売りのみ 3500円(税込)
定 員:各回250名
世界最大規模のワイン品評会である『インターナショナル・ワイン・チャレンジ(略称:IWC)』の『SAKE部門』(日本酒部門)で上位入賞を収めた銘柄34点を一堂に試飲出来るイベントです。 
 
『SAKE部門』は9つのカテゴリーごとに、審査員がブラインド・テイスティングを行い、金・銀・銅のメダル受賞酒が選ばれます。
 
今回のイベントで試飲出来るのは、金メダル受賞酒の中でも選りすぐりの34銘柄。f:id:sakearchive:20161001142458j:image画像はhttp://www.sakesamurai.jp/iwcreport2016-2.htmlより引用
 
その年の最高の日本酒として選ばれた『チャンピオン・サケ』をはじめ、金メダル受賞酒の中でも各カテゴリーで最も優れた1本とされる『トロフィー酒』や、『トロフィー酒』には一歩及ばなかったものの、特に優れた銘柄として選出された『県名トロフィー』『地名トロフィー』に輝いた日本酒を試飲出来ます。
 
出品予定リストはこちら↓f:id:sakearchive:20161001142521j:image画像は http://www.nomura-re.co.jp/cfiles/info/n2016092800056.pdfより引用
 
賞がいろいろ多くて複雑ですが、要は海外のコンクールで最上位に選ばれた日本酒をかたっぱしから試飲できるよってことです。
2016年度の『SAKE部門』には346社、1282銘柄がエントリーされました。その中での上位34銘柄が試飲できると考えるとすごいことですよね!
 
チケットも良心的な値段ですので、気になる方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
 
2016年9月はこんな日本酒イベントがオススメ!