しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

2016年必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント(5月~6月)

広告

こんにちは、しーたかです。

 
以前記事にした、2016年春シーズン(3月~4月)日本酒イベント5選!! - しーたかの日本酒アーカイブが思いの外アクセスが多いので、これに味をしめて2016年5月~6月の日本酒イベントも紹介しようと思います!
(ちなみに2016年9月の日本酒イベントの情報はこちらからどうぞ↓) 
「なんでそんな月単位で小出しにしてるんだよ、1年間通してまとめてくれよ!」なんて声も聞こえてきそうですが、これには理由がありまして…
 
日本酒のイベントって、詳細の告知がアップされるのが非常に遅いんです!(泣)
 
おそらく会場の確保の問題だったり、運営している方が多忙だったり、色々大変なんだろうと思います。ですので、イベント開催日の一ヶ月前ぐらいにやっと詳細が公開されるということがよくあります。
そういうわけで、日にちだけ決まってて詳細がまだ公開されてないイベントも載せてます。公式に詳細がアップされたらこちらでも更新しますね。
(余談)正直、イベントの3ヶ月前ぐらいには詳細教えてほしいなぁって思います。それぐらい余裕があるとスケジュールもたてやすい。そして何よりブログでまとまやすいですからね(笑)
 
なにはともあれ、日本酒イベントは5月以降もアツい!!
 
 

広告

 

郷酒フェスタfor WOMEN 2016 立夏

f:id:sakearchive:20160318133226j:image

2015年に人気を博した女性限定の日本酒イベント『郷酒(さとざけ)フェスタ』!(ちなみに第一部は女性同伴の男性も参加可能です。)
郷酒フェスタ公式HPより引用します。
 2015年5月と9月に過去2開催した郷酒フェスタを、第3回 郷酒フェスタ for WOMEN 2016 立夏として5月7日(土)にリーガロイヤルグループ都市センターホテル(東京千代田区)にて開催いたします。
 
 「女性のための國酒の祭典 〜 新しいお酒の遊び方 〜 」をテーマとして、全国から32蔵150種類を超える日本酒、焼酎などが集まり、女性に向けて、各酒蔵自慢の郷酒を振舞います。普段東京では飲めない希少価値の高い郷酒をワイングラスで乾杯。新酒や焼酎、日本酒スパークリング、リキュール、古酒を食事や余興と合わせて女性限定でおもてなしいたします。さらに前回好評だった、参加者の投票で郷酒のNo.1を決める『第2回郷酒大賞』を今年も開催いたします。
 
 マリアージュとなる食事は、美容と健康に良い酒粕の入った料理(酒粕ビーフ、酒粕スモークサーモン、酒粕プリンなど)、寿司、チーズ、地方特産品、スイーツなどを提供します。MCの日本酒スタイリストの島田律子さんをはじめ、TVやCMソングでも有名なピアニストの小笠原育美さんとパーカッションの赤羽拓真さん(打楽器、和太鼓奏者)のコラボ演奏、2016 ミス日本酒、漫才コンビ「にほんしゅ」が出演いたします。また「モテる大人は酒席美人」と題したセミナーも開催いたします。
 
 郷酒・料理・スイーツ、音楽や漫才、セミナー、など楽しみ満載の祭典です!ぜひ、ご参加ください!!
 
郷酒フェスタfor WOMEN 2016 立夏
会場:リーガロイヤルホテルグループ 都市センターホテル3F コスモスホール
住所:東京都千代田区平河町2-4-1
日にち:2016年5月7日
時間:第一部12:30~15:00
   第二部16:00~18:30
            (入場は各部15分前から)
チケット料金:前売り 3000円
       当日 4000円
  • お酒は試飲無制限
  • 日本酒のお土産付き
  • 食事は別途支払い(300円~500円ほどで提供)

2016長野の酒メッセ in 東京

2016長野の酒メッセ in 東京

f:id:sakearchive:20160318133223j:image

5月開催の日本酒イベントのなかでもかなり大規模なイベントです。
 
長野の酒がいくらでも試飲し放題です!
 
今回も平日開催なのですが、今年は会場が変わりましたので要注意です。とは言っても品川開催であることには変わりないのでアクセスは抜群にいいですね。(詳細は下記にて)
 
長野酒メッセ参加予定蔵元一覧はこちら
 
 さすが長野、61蔵参加予定だそうです!
有名どころを飲んでまわるのもいいですが、県単位のイベントではあまり知らない蔵のお酒も積極的に試してみると面白いですね。
いろいろ試していくうちに、そのエリアの日本酒の個性がわかっていくという話は以前記事にしました。
前回行ったときは『本金』がなかなか面白かったと記憶していいます。
あと、長野の酒メッセに参加される方は、会場を出る前にアンケートに記入したほうがよろしいかと思います。抽選でお米10kg当たりますよ!私は以前当選しました(笑)ありがとう長野の酒造組合!
 
2016長野の酒メッセ in 東京
2016年5月11日(水)
時間:14:00~20:00(19:30に受付終了)
【※入場時間要注意※】
酒類業界関係者(卸売業者・小売業者・飲食店など)は14時から入場可能で、一般参加は17時より入場可能となっています。
 
会場:品川プリンスホテル アネックスタワー5F プリンスルーム(例年の会場とは違うので要注意)
 
入場料:酒類業界関係者:一人1000円(税込)、名刺2枚必須
    一般来場者  :一人2500円(税込) 
※一般来場者の割引一覧
DM持参で500円引き(DMを持っていない方は、URLの最上部の画像のプリントアウト提示でも500円引き)
和服での来場で500円引き(浴衣は対象外)
DM持参+和服での来場で1000円引きになるそうです!
 

吟醸新酒祭 2016(今年は日曜開催) 

吟醸新酒祭 2016

日にち:2016年5月15日(日)
会場:東京交通会館 12F カトレアサロン

時間:第1部 13:00~15:00

   第2部 16:00~18:00

入場料:事前申込 2500円(第1部、第2部ともに800名)

    当日券  3000円(定員に満たない場合、会場にて当日販売。現金のみ)

昨年までは平日開催でしたが、今回初の休日開催。
各蔵のブースを巡って自由に試飲できるスタイル
出品される日本酒は銘酒ぞろいで試飲しがいがあります。
平日でも激混みだったのに、休日に開催したらどうなっちゃうの~!?

ちなみに、こちらが2016年度の出品酒リストです。

この中ですと、『くどき上手』や『開運』の鑑評会出品酒は秒殺でなくなりそうな予感。『龍力 米のささやき 秋津』も早めに行かないと飲めないでしょう。市場にあまり出回らなかった『津島屋外伝 四十才の春』も注目銘柄。私しーたかのオススメ銘柄は『御慶事』。お手本のような吟醸造りで今年もファンを魅了します。

【追記】吟醸新酒祭に行ってきました!イベントレポート書きましたので、よろしければ見ていってください!

sakearchive.hatenablog.jp

 はい、日本酒好きな若者注目~~!!

このイベント、20代学生割引があります。20歳代の学生の方は先着で、1部50名、2部50名まで1人1500円で入場できちゃいます!!

※要学生証提示、かつ支払いは現金のみ

20代割引で2015年までと変わった点は『学生限定』になり、入場料が1000円から1500円になったことです。

2015年以前は平日開催だったので並ばなくても余裕で先着50名までに入れました。が、2016年度は日曜開催なのでどうなることやら。

あと会場にはクロークはありません。大きい荷物がある方はあらかじめコインロッカーに預けておいたほうが楽しめると思います。

オススメは有楽町駅出てすぐの無印良品の脇にあるコインロッカー。ここは駅のすぐそばなのに200円です。会場の交通会館のすぐ向かいなので便利ですよ~!

日本酒フェア 2016 と公開きき酒会

日本酒フェア2016 - 國酒を味わう。

日本酒ファンにはおなじみのイベントですね。関東地方で開催される日本酒イベントとしては最大級ではないでしょうか。

当日は公開きき酒会と全国日本酒フェアの2つのイベントが同時開催!

【追記】日本酒フェア2016に行ってきました!よろしければこちらの記事も覗いてみてください。

sakearchive.hatenablog.jp

公開きき酒会

公開きき酒会は、全国新酒鑑評会で入賞した全国の日本酒400種類近くをきき酒出来るイベント。

400種近い入魂の大吟醸酒をセルフで試飲するスタイルです。

私は、公開きき酒会の方は1度だけ参加したことがあります。列を作ってゆっくりと進みながら、スポイトでお酒をお猪口に注ぎ、飲む。多くの種類を飲もうとすると作業ゲーになりがちです(笑)普段飲めないような稀少な日本酒を飲んでみたい、という方にオススメ!

全国日本酒フェア

全国日本酒フェアは、全国(一部地域を除く)の蔵元さんの日本酒やリキュールの試飲・販売イベント。

各都道府県(酒造組合)ごとにブースが設置されており、参加者は各ブースを回遊しながら日本酒やリキュールの試飲をすることができます。

このイベントは各都道府県のブースごとに個性があって面白いんですよね~。

特にオススメは愛媛県のブース、なんとなく角打ちのような雰囲気が楽しめます。見せ方が上手なんですよね~。

もう1つ必見は新潟県ブース!新潟県ブースは毎年100種類近い日本酒を提供しています。なんという物量作戦!もちろんクオリテイーも高いですよ。以前、私は新潟ブースでうっかり30種類以上試飲してしまい、かなり酔っぱらってしまいました(笑)
こういった大規模なイベントでは、ペース配分が大事です。自分の飲める量は決まってますからね。魅力的なブースが多いので、ざっくりと作戦を立てて飲み歩くことをオススメします。まぁ作戦立てても、飲みすぎるときは飲みすぎるのですが…

ちなみに、前述の公開きき酒会とは違って、高価な入賞酒が試飲出来るわけではありません。日本酒好きな方がデイリーで購入するような、一升瓶で2000~4000円ぐらいの価格帯の日本酒を試飲出来ます。もし気に入ったお酒があれば、その中の多くは購入することも出来るので、全国の日本酒の見本市のような楽しみ方も!

私は毎年、試飲するばかりで終わってしまうので今年はなにかお酒を購入してみようかと思います。

日本酒フェア2016開催概要

日本酒フェア2016

日にち:2016年6月18日(土)
会場:①池袋サンシャインシティ 文化会館4F 展示ホールB
   ②ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA

※①は『平成27酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会』の会場
※②は『第10回 全国日本酒フェア』の会場

※①と②の会場は同じ池袋サンシャインシティ内にあります。両イベント券をお持ちの方は、2つの会場を自由に行き来できます。

時間:平成27酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会

    第1部:10:00~13:00
    第2部:15:30~19:00

            第10回 全国日本酒フェア

    第1部:10:30~14:30
    第2部:15:30~19:00

入場料:全国日本酒フェアのみ:1500円(当日券のみ)

    両イベント共通券:前売り券 3500円
             当日券  4000円

※第1部と第2部で別々に販売。完全入替制

チケット購入方法、その他詳細は公式ページでチェック!

日本酒フェア2016 - 國酒を味わう。

第14回日本酒蔵元サミット 

横浜の丸十酒店が仕掛ける日本酒イベント。

約50蔵集まるそうです。今回の参加蔵元は公表されていないようですね。

例年通りですと、奈良萬、陸奥八仙、浦霞、青煌、武勇、辻善兵衛、上喜元、作、百楽門、栄光富士、花垣、まんさくの花、黒牛などの銘柄が試飲できそうです!

togetterで2015年の蔵元サミットの様子のまとめを発見したので載せておきます。十四代発見!(ただしほとんど有料か?)

日本酒試飲会イベント 蔵元サミット2015年 横浜みなとみらい - Togetterまとめ

 3000円でいろんな蔵の酒を楽しめるのはすばらしい!
 が、ひとつネックなのが、チケットが早い時期で売り切れになるということです。

例年1ヶ月前ぐらいにはチケットが売り切れになってます。参加希望の方はご注意ください

第14回 日本酒蔵元サミット
日にち:2016年6月5日
時間:第一部12:00~14:00
   第二部15:00~17:00
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館「3F」フロア
チケット料金:第一部、第二部とも各3000円

チケットを購入するには「電話予約」→「銀行振り込み」→「チケット引換はがき郵送」の手順を経る必要があります。イープラスのようにネットで決済はできないようです。詳しくはリンク先(丸十酒店HP)を参照してください。

やまぐち地酒維新  番外編!!

f:id:sakearchive:20160609163847j:image
日にち:2016年6月17日(金)
時 間:16:00~20:00(受付開始は15:30から)
会 場:東京交通会館 12F カトレアサロンB
    東京都千代田区有楽町2-10-1
会 費:前売り:1500円(税込)
    当日券:2000円(税込)
定 員:先着500名
申込み:前売り券はイープラス(下記リンク)で販売http://pinoko.eplus.jp/eplus/eplus.jp/m/msys/T1U55P0010843P006001P002191714P0030001
 
 
参加蔵(注)カッコ内は銘柄
山城屋酒造(杉姫)
金光酒造(山頭火)
新谷酒造(和可娘)
八百新酒造(雁木)
酒井酒造(五橋)
村重酒造(金冠黒松)
堀江酒場(金雀)
旭酒造(獺祭)
はつもみぢ(原田)
山懸本店(毛利公)
中島屋酒造店(寿)
金分銅酒造(金分銅)
永山本家酒造場(貴)
永山酒造(山猿)
中村酒造(宝船)
岩崎酒造(長陽福娘)
岡崎酒造(長門峡)
八千代酒造(八千代)
澄川酒造(東洋美人)
阿武の鶴酒造(阿武の鶴)
 
こちらは山口県酒造組合の主催する試飲イベント!
山口県の名だたる銘酒を飲み比べできます。
やはりこのラインナップですと『獺祭』の旭酒造ブースは行列必至でしょうか。『東洋美人』の澄川酒造ブースも大混雑しそうですね~。
ついで知名度の高い『貴』の永山本家酒造場さん、『雁木』の八百新酒造さん、『五橋』の酒井酒造さんも注目を集めるでしょう。
私しーたかが個人的に気になるブースは『原田』のはつもみぢブースです
はつもみぢさんは全国的にも珍しい全量純米蔵!高品質な酒造りを志向しています。海の近い山口県の酒らしく、料理に合わせる協調性を持ちながら、酒単体で飲んでも満足できる酒質がいいんですよね~。
他には『長陽福娘』『長門峡』あたりの銘柄も、見逃せないところです。
 
と、ここまで書いてて思いましたが、山口県の日本酒、かなりアツいですね!!
しかもチケット前売り1500円って…大赤字でしょ!いいんですかこんなの!(歓喜)
今回は平日の金曜開催。有楽町周辺にお勤めの方は、飲み会の前のアイドリング代わりにちょっと寄ってみるのもいいと思いますよ~。
 
 
2016年はこんな日本酒イベントに行ってきました!