読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

2016年9月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント

広告

こんにちは、しーたかです。

 
今回は『2016年9月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント』
 と題して、2016年の9月に行われる注目の日本酒イベントを紹介しようと思います。
 
(はじめは、9月と10月の日本酒イベントを1つの記事にまとめようと思ったのですが、分量がかなり多くなってしまうので、今回は9月と10月で分けて投稿することにしました。)
 
夏が終わって、秋が近づいてくる季節。
お米の収穫も真っ盛りのシーズンですので、酒造りが本格的に始まる時期でもあります。
酒造り真っ只中になると、日本酒イベントも少なくなっていきますので、酒造りシーズン目前、最後の日本酒イベントラッシュを楽しみ尽くしましょう!
 

静岡県地酒まつり in Tokyo 2016

f:id:sakearchive:20160815194336p:image

日にち:2016年9月4日(日)
時 間:14:00~16:30(13:30受付開始、13時45分入場)
会 場:ベルサール新宿セントラルパーク
    東京都新宿区西新宿6-13-1 新宿セントラルパークシティ内
会 費:2500円(税込)
申込み:前売り券はイープラス(下記リンク)で販売
※当日券の販売はなし。前売り券は2016年7月11日(月)10:00より販売開始
出展銘柄(参加蔵)
白隠正宗(高嶋酒造)
高砂(富士高砂酒造)
富士錦(富士錦酒造)
富士正(富士正酒造)
英君(英君酒造)
正雪(神沢川酒造場)
臥龍梅(三和酒造)
萩錦(萩錦酒造)
君盃(君盃酒造)
喜平(静岡平喜酒造)
磯自慢(磯自慢酒造)
初亀(初亀醸造)
杉錦(杉井酒造)
志太泉(志太泉酒造)
若竹鬼ころし(大村屋酒造場)
開運(土井酒造場)
出世城(浜松酒造)
花の舞(花の舞酒造)
 
さあ今年もやってきました。静岡の地酒イベント!
吟醸酒王国として名高い静岡の日本酒は、どれもスッキリとした口当たりで飲む人を選ばないのが魅力です。
今年は静岡県の清酒蔵18場が各々の地酒を持ち寄り振舞わせて頂きます。
各蔵の酒の肴には桜海老、しらす、黒はんぺん、近海で獲れた魚の干物など蔵元が用意した静岡ならではの特産品も楽しめます。
また静岡県が開発した酒造好適米のお酒「誉富士」コーナーの他、静岡茶やこだわりの酒器など静岡県ならではのブースを特設した地酒イベントです。
普段静岡へ来れない日本酒ファンの方々はこの機会にぜひ銘酒を探しに東京会場へお越し下さい。
イベントが行われるのは9月上旬。まだまだ暑い季節ですが、さわやかな静岡の吟醸酒が涼をもたらしてくれることでしょう。
 

第4回 和酒フェス東京@日テレ

f:id:sakearchive:20160815194917j:plain
日にち:2016年9月10日(土)
時 間:第1部 12:15~14:30(12:00受付開始)
    第2部 15:15~17:30(15:00受付開始)
会 場:日本テレビタワー1F 大屋根広場
会 費:3000円(税込)
定 員:各部350名
申込み:Peatix、もしくはPassMarketから申し込み。詳しくは和酒フェスHPを参照 http://sakefes.com/event4/
※第2部は完売したそうです
 
もはや日本酒イベントの定番となりつつある和酒フェス、今回が第4回目の開催!
イベント当日は、全国から集まった30蔵100種類以上の日本酒が堪能できます。

f:id:sakearchive:20160815194901j:plain

今回のテーマは「スパークリング日本酒、秋あがり、ひやおろしを楽しもう!」ということで、残暑をスパークリング日本酒で凌ぎ、旬の走りの『秋あがり』と『ひやおろし』を存分に味わいましょう。
しーたかの個人的注目銘柄は愛知県の『二兎』!
「二兎を追うものしか二兎は得られない」
今絶賛成長中の『二兎』を見逃すな!
 

富山の酒とかまぼこフェア 2016

f:id:sakearchive:20160815193420j:image

日にち:2016年9月11日(日)
時 間:第1部 13:00~15:00
    第2部 15:30~17:30
    ※2部入れ替え制
会 場:東京交通会館 12F カトレアサロンA
    東京都千代田区有楽町2-10-1
会 費:前売り 2500円(税込)
    当日券 3000円(税込)
    ※酒・かまぼこ、各600円分のお買い物券付き
    ※当日券は、前売りで定員に達しなかった場合のみ発売
定 員:各回350名
申込み:前売り券はイープラス(下記リンク)、もしくはFamiポートでも販売
 
出展銘柄(参加蔵)
黒部峡(林酒造場)
幻の瀧(皇国晴酒造)
銀盤(銀盤酒造)
北洋(本江酒造)
千代鶴(千代鶴酒造)
満寿泉(桝田酒造)
羽根屋(富美菊酒造)
風の盆(福鶴酒造)
おわら娘(玉旭酒造)
吉乃友(吉乃友酒造)
勝駒(清都酒造場)
曙(高澤酒造場)
若鶴(若鶴酒造)
太刀山(吉江酒造)
若駒(若駒酒造場)
成政(成政酒造)
三笑(三笑楽酒造)
 
富山県の17蔵100種類以上の日本酒が堪能できるイベント。
また、かまぼこの試食販売もやっているそうです。お酒とかまぼこのお買い物券が、600円分ずつチケットに付いているので、気になったものは迷わず購入しましょう。
 
しーたか的注目銘柄は勝駒若駒
勝駒は富山県きっての人気銘柄。生産量も少ないので、都内では十四代以上にお目にかかる機会が少ない逸品です。
勝駒の清都酒造場と親族関係にある若駒酒造場の若駒も要チェック。若駒の吟醸酒は勝駒顔負けのすっきり綺麗な味わいのお酒です。
(ちなみに栃木にも若駒という同名の銘柄がありますが、栃木の若駒とは無関係です。)

 

2016年7月~8月の日本酒イベント情報はコチラ↓ 

sakearchive.hatenablog.jp

 

 最近はこんな日本酒イベントに行ってきました。

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp