しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

2017年1月~2月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント

広告

こんにちは、しーたかです。

今回は『2017年1月~2月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント』と題して、2017年1月から2月に開催される日本酒イベントを紹介します!

1月~2月は、どこの酒蔵も酒造りで多忙な時期です。そのため動きが少ないシーズンですが、何件か気になったイベントをピックアップしていきます。

※ちなみに、2017年3月の気になる日本酒イベント情報はコチラ↓

2017年3月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント - しーたかの日本酒アーカイブ

備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)

f:id:sakearchive:20161207223804j:image日にち:2017年1月12日(木)~2017年1月13日(金)

時 間:17:00~20:30 (L.O.20:00)
会 場:とっとり・おかやま新橋館 2F催事スペース
    東京都港区新橋1丁目11-7 新橋センタープレイス
会 費:1000円(税込)
    ※チケット制 200円×5枚綴り
    ※お酒の銘柄により、使用するチケット枚数が異なる場合あり
    ※使い残しのチケットは返金不可
出展蔵元:利守酒造(赤磐市)、宮下酒造(岡山市)、室町酒造(赤磐市)
備 考:先着500名に備前焼のぐいのみをプレゼント
 
こちらは岡山県の日本酒の飲み比べイベント!岡山県備前県民局 地域づくり推進課が主催です。
岡山県といえば中四国地方で屈指の米どころ。なかでも酒米の高級品種『雄町』の栽培がさかんなことで知られており、こちらのイベントでは岡山県産『雄町』を使用した、正真正銘の岡山の地酒を楽しむことができます。
雄町米を使った地酒以外にも、瀬戸内のおつまみ(焼ままかり、げんこつ鶏、牡蠣、ふなめし)などが提供される予定です。
平日開催ですが、仕事帰りにフラッと立ち寄れる時間ですので、お近くの方はぜひ気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
 

日本酒フェス2017

f:id:sakearchive:20161229151531p:image
日 時:2017年1月27日(金)15:00~21:00
    2017年1月28日(土)10:00~19:00
    ※両日ともに受付開始は10分前から
会 場:東京交通会館12F カトレアサロンA、B
    東京都千代田区有楽町2-10-1
会 費:前売り・当日 3000円(税込)
    ※入場券は当日、受付にて試飲酒チケット(試飲10杯分)と交換
    ※入場時に渡されるスタンプカードで試飲回数を管理するとのこと
    ※追加のチケット販売あり
申込み:
①PassMarket経由の場合、以下のリンクより申込み

http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01bf91yin20f.html を参照

②Peatix経由の場合、以下のリンクより申込み

http://peatix.com/event/215194 を参照

出展蔵元
月の輪酒造(岩手県)  
阿櫻酒造(秋田県)  
一ノ蔵(宮城県)   
楯の川酒造(山形県) 
ほまれ酒造(福島県) 
天鷹酒造(栃木県) 
宇都宮酒造(栃木県) 
須藤本家(茨城県)
木内酒造(茨城県)
泉橋酒造(神奈川県)
白瀧酒造(新潟県) 
越の華酒造(新潟県) 
銀盤酒造(富山県)  
菊姫(石川県) 
三和酒造(静岡県) 
初亀醸造(静岡県) 
富士高砂酒造(静岡県) 
三千盛(岐阜県)  
渡辺酒造店(岐阜県) 
天領酒造(岐阜県)
岩村醸造(岐阜県)
盛田(愛知県) 
吉村秀雄商店(和歌山県) 
木下酒造(京都府) 
宝酒造(京都府)  
剣菱酒造(兵庫県) 
本田商店(兵庫県)  
梅乃宿酒造(奈良県)  
丸本酒造(岡山県)  
東鶴酒造(佐賀県) 
矢野酒造(佐賀県) 
 
こちらは株式会社読売ISが主催するイベント!
全国各地から選りすぐりの30蔵のお酒を楽しむことができます。
個人的に注目している銘柄は岐阜県・渡辺酒造店の『W』です。
f:id:sakearchive:20170104154259j:image
見てくださいこの鮮烈なラベルデザインを!
ラベルもさることながら、生原酒らしいヴィヴィッドでジューシーな味わいが印象的でした。限定生産のお酒のようで、ネットで調べてもあまり詳しい情報にヒットしません。なかなかミステリアスな酒であります。
こちらのイベントに訪れた際はぜひ飲んでいただきたい銘柄です!
 

I LOVE SAKE日本酒マニアック博 in 東京

日にち:2017年2月10日(金)~2017年3月5日(日)    

時 間:10:00~21:00(入場受付は閉場の30分前まで)

※2月15日は休館

※最終日は18:00閉場。

会 場:PARCO MUSEUM パルコミュージアム 池袋パルコ 本館7F

    東京都豊島区南池袋1-28-2

入場料:一般500円・学生400円(各・税込)・小学生以下無料
※有料入場の方には、日本酒または甘酒の試飲付き(少量のようです)
→日本酒の試飲を希望の場合は顔写真付きの身分証が必須。
 
関西で好評だった『日本酒マニアック博』が東京でも開催!
こちらは日本酒をカルチャーとして捉え、遊びごこころのあるデザインや写真などが楽しめる展示会形式イベントです。

本展覧会では、サブカルチャー視点で日本酒を掘り下げて発表する「Sake Pedia」や、「ワンカップ」でおなじみの大関株式会社とのコラボレーションによる展覧会限定の「クリエイターによるデザイン・ワンカップ」の展示・販売をはじめ、日本酒のキャラクター化プロジェクト「日本酒ものがたり」とのタイアップで著名作家陣が手がけた「日本酒をキャラクター化したイラスト」など、日本酒を題材にした二次創作作品を展示。その他、エッセイストで酒ジャーナリストでもある葉石かおりさん監修による、マニアックな視点でキュレーションした全国の地酒銘柄やユニークなご当地カップ酒なども多数展示します。

http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=1053 より引用

 個人的にはクリエイターによるデザイン・ワンカップの展示・販売が気になりますね~。

ワンカップというとオッチャンの飲む酒というイメージが強いせいか、初めて買うときはけっこう勇気がいるものですが、実は気軽に買えるし、重くないし、ちょっとしたお土産にも使える優秀なアイテムなんですよね。ワンカップでも美味しいお酒はいっぱいありますし、コンビニで缶コーヒー買うぐらいの感覚で手に取ってくれる人が増えたらいいなぁなんて思ってます。

少々脱線してしまいましたが、日本酒をもっと身近に感じられるイベントだと思いますので、みなさん是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

「東京は遠くて行けないよ~!」という方には葉石かおり著日本酒マニアックBOOKを読んでみると、展示会の雰囲気が感じられてオススメですよー!本書は日本酒マニアック博と連動した構成になっているので、行く前に予習的なノリで読んでみるのもいいかもしれません。

 STYLE J.SAKE 「日本の酒を楽しむ試飲会型イベント」

 

f:id:sakearchive:20161228194625j:image日 時:2017年2月12日(土)11:00~15:00

    ※受付開始 FBO認定会員 10:15~
           一 般    10:30~
会 場:ホテルメトロポリタン エドモント
    東京都千代田区飯田橋3-10-8
会 費:一般:5500円
    FBOアカデミー会員:5000円
    FBO認定会員:4500円
    ※「有料以外の試飲」「特製酒の肴弁当」「蛇の目きき猪口」が含まれる
    ※有料試飲やおつまみ、各種販売アリ
    ※コンテンツの一部は酒仙人コイン(有料)が必要
申込み:
①FBO認定会員/一般の方は以下のリンクより申込み

https://www.fbo-online.com/shop/product/A-0056

②FBOアカデミー会員野方は以下のリンクより申込み

https://www.fbo-online.com/shop/product/A-0057

出品酒・出展蔵元(※一部、酒屋や日本酒以外のメーカー、その他団体も出展)
南部美人・南部美人(岩手県)
一ノ蔵・一ノ蔵(宮城県)
蒼天伝・男山本店(宮城県)
榮川・榮川酒造(福島県)
大七・大七酒造(福島県)
人気一・人気酒造(福島県)
霧降・せんきん(栃木県)
燦瀾・外池酒造店(栃木県)
東京島酒など・山田屋(東京)
伝衛門・越後伝右衛門(新潟県)
上善如水・白瀧酒造(新潟県)
若鶴&苗加屋・若鶴酒造(富山県)
大冠・大冠酒造(山梨県)
神杉・神杉酒造(愛知県)
東龍・東春酒造(愛知県)
生道井&衣が浦若水・原田酒造(愛知県)
三州三河みりん・角谷文治郎商店(愛知県)
深山菊・舩坂酒造店(岐阜県)
玉乃光・玉乃光酒造(京都県)
沢の鶴・沢の鶴(兵庫県)
簸上正宗&七冠馬・簸上清酒(島根県)
龍勢&宝寿・藤井酒造(広島県)
司牡丹・司牡丹酒造(高知県)
喜多屋・喜多屋(福岡県)
瑞鷹・瑞鷹(熊本県)
熟成古酒各種・長期熟成酒研究会
 
こちらは日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)主催のイベント!
日本の酒は「素敵」・「楽しい」・「美味しい」をテーマに、日本酒を利き比べできる試飲会形式のイベントです。
ただお酒を飲むだけでなく、お酒のお供に酒の肴をつまんでマリアージュを楽しんだり、日本酒を温度帯別で飲み比べたり、日本酒カクテルを試飲できたりと、盛りだくさんの内容!日本酒初心者から上級者まですべての人にオススメです!

他にも面白そうな日本酒イベントを見つけたら随時追記していきます。

それではまた。 

 

3月開催の日本酒のビッグイベント、にいがた酒の陣に行く前に読んでおきたいオススメ記事はコチラ↓

sakearchive.hatenablog.jp