しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

2017年8月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント

広告

こんにちは、しーたかです。

いよいよ夏真っ盛りになり、日本酒イベントがますますアツいシーズンになってきました。

今回は『2017年8月必ず行くべき東京近郊の日本酒イベント』と題して、東京近郊で開催される注目の日本酒イベントをピックアップします!

8月も熱さに負けず、日本酒パワーで乗り切りましょう!

 

ちなみに、2017年9月の日本酒イベント情報はコチラ↓

sakearchive.hatenablog.jp

 

ふくしま美酒体験 in 渋谷

f:id:sakearchive:20170713170508j:image日にち:2017年8月19日(土)
時 間:1部 14:00~16:00(受付開始は13:30から)
              2部 18:30~21:00(受付開始は18:00から)
※1部は試飲のみ。食事はありません。
※2部はブッフェスタイルの立食ディナー
会 場:セルリアンタワー東急ホテル 地下2階 ボールルーム
    東京都渋谷区桜丘町26-1
会 費:1部(前売り):2000円(税込)
    1部(当日):2500円(税込)
    2部(前売りのみ) : 6000円(税込)
定 員:各部とも先着600名
申込み:
①イープラス(以下リンク先)で購入
http://pinoko.eplus.jp/eplus/eplus.jp/m/msys/T1U55P0010843P006001P002224008P0030001
②福島県酒造共同組合経由で申込み
※参加申込書、その他詳細は同組合の公式ホームページを参照 

こちらは福島県酒造共同組合が主催する日本酒イベント!近年人気急上昇中の福島エリアの日本酒が勢揃い。『大七』『奥の松』『奈良萬』『ロ万』のような有名どころのお酒も利き酒し放題です。

昨年(2016年)は私も1部で参加しました!会場は渋谷駅から徒歩5分のセルリアンタワーのホールということで、他県の酒造組合のイベントと比べるとちょいリッチな感じですね。

sakearchive.hatenablog.jp

開宴の時間は第1部と第2部に分かれていて、第1部は試飲のみ、第2部はブッフェスタイルの立食ディナー付きとなっています。

前回は平日に開催されていたのですが、今年は土曜開催となりました。休日開催となると、第1部からかなり混雑しそうですね~。

とはいえ、会場は、着席の宴会なら500名前後は入りそうな広めのホールですので、他の人気イベントのように窮屈な思いをすることはないかと思いますね。

実力・人気ともに全国トップクラスの福島県の日本酒が一堂に集まるイベントですので、前売りチケットの完売は必至!気になる方は早めに予定を開けておきましょう!

 第10回 花の宴 in 東京

f:id:sakearchive:20170713161052p:image日にち:2017年8月7日(月)
時 間:19:00~21:00(受付開始は18:30~)
※着席、懐石弁当付き
会 場:グランドパレス東京 ダイヤモンドホール
    東京都千代田区1-1-1
会 費:前売り:5000円(税込)
    学 生:3000円(税込)※限定30枚
    当日券:6000円(税込)
定 員:200名
申込み:イープラス(以下リンク先)にて販売
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010164P0108P002229059P0050001P006001P0030001
参加蔵元
天寿酒造(秋田県)
六歌仙(山形県)
奥の松酒造(福島県)
来福酒造(茨城県)
白相酒造(栃木県)
晴雲酒造(埼玉県)
武の井酒造(山梨県)
西飯田酒造店(長野県)
布屋原酒造場(岐阜県)
原田酒造場(岐阜県)
二軒茶屋角餅本店(三重県)
壷坂酒造(兵庫県)
茨木酒造(兵庫)
李白酒造(島根県)
天吹酒造(佐賀県)
壱岐の蔵酒造(長崎県)
高田酒造場(熊本県)


こちらは東京農大花酵母蔵元会が主催するイベント!「ん、東京農大?何かアカデミックなイベントなんですか?」と敬遠しそうになっているそこのアナタ、ちょっと待ってください!こちらのイベントもちゃんと利き酒できるイベントですよ。
今回のイベントで試飲出来るのは花酵母仕込みの日本酒。自然界に咲く花々から抽出した酵母を使う蔵元が集結し、普段ではあまり飲めない個性豊かなお酒を楽しむことができます。 ナデシコ、ヒマワリ、シャクナゲ、カトレアなどの酵母で造られた、百花繚乱の美酒を楽しみましょう!

第9回 雄町サミット

f:id:sakearchive:20170713161035j:image日にち:2017年8月8日(火)
時 間:1部 13:00~15:30(15:00受付終了)
                2部 16:30~19:00(受付開始は16:00から)
※1部は試飲のみ。食事はありません。
※2部はブッフェスタイルの立食ディナー
会 場:ホテルグランドパレス 2F
    東京都千代田区飯田橋1-1-1
※【第一部】利き酒会会場 チェリールーム
【第二部】懇親会会場     ダイヤモンドルーム
会 費:第1部:無料
※第一部は、酒販店、飲食店、酒造会社限定。名刺が2枚必要です。
会 費:第2部(前売り) :5400円(税込)
    第2部(当日券) :6000円(税込)
※第2部は立食形式の懇親会
※第二部はどなたでも申込みが可能です
第二部:チケットぴあにて購入(以下リンク先)
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1728108

 

こちらはJA全農おかやまが主催するイベント!

こちらのイベントでは岡山県で発見された幻の酒米『雄町(おまち)』で醸した日本酒が全国から集結!昨年度の雄町サミットでは、全国126蔵から194点が出品されたということで、かなりの数の雄町酒をテイスティングすることができます。

『雄町』って熱烈なファン(オマチストと言うらしい)多いですよね~。

栽培が難しく、収量も少ない上に、酒造りも難しいという、造り手泣かせの気難しい品種ではありますが、出来上がったお酒には膨らみのある独特の味わいがあり、優等生タイプの『山田錦』とはまた違う魅力で私たちを惹き付けます。雄町は大器晩成な品種といってもよく、手のかかる子ほど愛おしいものでしょうか。

その栽培の難しさから、一度は生産が激減してしまったものの、地元・岡山の利守酒造を中心としたプロジェクトにより、蘇った『雄町』。

第9回 雄町サミットでは、先人の努力に感謝しつつ、1年に1度のオマチストの祭典を楽しみましょう!