しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

関内・日本大通り『あいおい食堂』オシャレな店内でいただく一汁三菜のヘルシー定食。毎日でも食べに行きたくなる優しい味つけのお店です。

広告

こんにちは、しーたかです。

近頃ちょくちょく通うようになった定食屋さんがあります。

昔ながらの食堂らしいお店がめっきり減ってしまった最近ですが、世間のヘルシー志向を受けた新しいスタイルの食堂が都内を中心に少しずつ広がりを見せているようです。

そんなわけで今回お邪魔したのは、関内・日本大通りにオープンした『あいおい食堂』。

場所は関内駅から徒歩6分、横浜スタジアムの脇の通りの1Fにあるお店ですね。わかる人には『珈琲の大学院』の隣のビルといえば一発でわかるでしょう。

コンセプトは、家族の健康を大切にする「お母さんのご飯」

白を基調とした木の温もりを感じる明るい空間の中で、カロリー控えめ、塩分控えめの食事がいただけます。

今回は撮影した写真が少なめなので、Twitterから引用させていただくことにします。

だいたいこんな感じのオシャレなお店です。女性の方やっているお店なので、女性1人でも余裕で入れますね。

 

 

日頃ビールやら日本酒を浴びるほど飲んでいる私も、そろそろ健康に気を使わなければな~という気になってきているので、こういうお店は本当にありがたいです…。

まぁ『大戸屋』や『やよい軒』のようなチェーン店、もしくは居酒屋さんがやっている定食を食べてもいいんですけどね~。たいてい味が濃すぎるんです。

塩分云々も気になるし、何より私はもっと優しい味の料理を食べたいのだ!

 

で、今回いただいたのは日替わりの定食。これで1000円ぽっきりです。f:id:sakearchive:20180121145022j:image

その他には『牛肉の時雨煮丼』(1000円)とベジタリアンも食べられる『腸美人カレー』(1000円)、おむすび定食(700円)といったメニューが並びます。

この日のメインのおかずはチキンのフリカッセ。f:id:sakearchive:20180121145023j:image
看板どおり塩分控えめな優しい味付けで美味しいです。

フリカッセはバターや生クリームを使うフレンチのメニューなのですが、おそらく豆腐を使って和風にアレンジしてあるようですね。

そういえば以前に訪問したときは、ブラジルのフェジョアーダのようなお肉と豆の煮込み料理なんてのもやってましたね~。

和食のカテゴリーにとらわれない引き出しの多さもこちらのお店の「味」だったりします。

付け合わせの『かぼちゃのサラダ』もなかなかいい感じ。かぼちゃそのものの甘みを活かしつつ、ごく微量のクミンがニクいアクセントで箸が進む進む。

ご飯は胚芽が少しだけ残る7分つきなので栄養も期待できます。

ちなみに使用しているのは茨城の生産農家・石橋久男さんのひとめぼれだそうです。玄米っぽい風味もあり、ふっくらした食感で大変美味しかったです!

おわりに

というわけで今回訪れた『あいおい食堂』ヘルシーで栄養価の高い食事をオシャレな空間で気軽にいただけるお店でした!

今後ますます流行っていくのでは?という印象を受けましたね。

男性目線でみるとパッと見た感じ「ちょっとおかずが少ないかなー」なんて思わなくもありませんが、食べ終わってみると不思議と腹八分目ぐらいのちょうどいいボリューム感でした。

関内という土地柄「会社帰りにちょい飲みしたい」という需要に合わせてアルコールのメニューも用紙されています。

メニューはクラフトビールや1合瓶ぐらいのサイズのビオワイン、日本酒(黒澤 純米酒)などなど。

食事をしながらかるく晩酌が出来るというのは、一人暮しの方や出張の方には嬉しいポイントですね。

強いて難点をあげるなら、小さいお店ということもあってメニュー数がかなり限られているということでしょうか。

まぁしかし日替わりの定食はレパートリー豊富に替わっていくので個人的にはなんの問題もなし!普通に毎日通えます。

こういうお店には末永く続いてほしいものです。

それではまた。

関連ランキング:定食・食堂 | 日本大通り駅関内駅馬車道駅

関内周辺のオススメのお店をまとめてみました!詳しくはコチラ↓ 

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp