しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

京急鶴見『グレート・ジャーマン・クック(GCC) 鶴見店』本場さながらの雰囲気!ドイツビール中心の品揃えが光るビアバーです。早い時間のサク飲みにオススメ。

広告

こんにちは、しーたかです。

最近、横浜の鶴見に足を運ぶ機会が増えています。今回は京急鶴見駅前の商店街に面白そうなビールのお店を発見したので行ってみることにしました。

それがこちら『グレート・ジャーマン・クック(GCC) 鶴見店』です。f:id:sakearchive:20180123011600j:image
京急鶴見駅から徒歩2分。なんの変哲もない商店街に外国のpub風のお店を発見。こんなところにドイツビールのお店があるのね!

横浜や川崎、品川あたりのエリアだったらビールの専門店があってもさほど驚かないですよ。でもそれが鶴見エリアとなると話は別。「おおおお!」と驚きを隠せないのです。

というのも、私自身鶴見という土地で飲み始めてまだ日が浅いのでなんとも言えないのですが、鶴見エリアは『安くて美味しいお店』が多い代わりに、いわゆる『尖ったお店』が少ないという印象をもっていたためです。

鶴見=専門性を求めるお客さんが少ないエリアだとてっきり思い込んでいたので、こういう専門的なお店を見つけると、どうも嬉しくなってしまいます。

『グレート・ジャーマン・クック(GCC) 鶴見店』ハッピーアワーは16時から20時まで。ビールがちょっとだけリーズナブルに飲めます。

表の看板を見ると16時~20時までハッピーアワーを実施しているとのこと。
f:id:sakearchive:20180123011614j:image
タップに繋がった9種類のビールを通常の値段から100円前後割引して提供しているようですね。それに加えてハッピーアワーでビールを注文すると、+600円支払うことで2品おつまみを付けることができます。なかなかいいじゃないですか!

お店に入るとまだ先客はいない様子。内装もなかなかドイツ感が溢れています。
f:id:sakearchive:20180123011631j:image

まずは『ヴァイエンシュテファン・ヴァイス』で乾杯。飲みかけで失礼!
f:id:sakearchive:20180123011646j:image
うーんフルーティーな香りと爽やさがいい感じだ。軽やかな酸味も心地いいですね。

この『ヴァイエンシュテファン』というビールは多分初めて飲む(ひょっとしたらオクトーバーフェストで飲んだかも…?)と思うのですが、現存する世界最古のブリュワリーのビールなんですってね!

元々は修道院で1040年頃にはビールを醸造していたというのですから、歴史の重みを感じます。ちなみに私の好きな日本酒で言えば、現存最古の酒蔵は1141年創業の須藤本家(茨城県)。約1000年も絶えずに続いてるのって純粋にスゴいと思います…!

ハッピーアワーのおつまみセットもいただきました。オニオンリングとバッファローチキン(?)です。
f:id:sakearchive:20180123011658j:image
ボリュームとしては1人前ぐらいですかね。これで600円です。質量ともに微妙だったので、これは正直頼まなくてもよかったかなと思いました…(笑)

続いては『ケーストリッツァー』をいただきます。文豪ゲーテが愛した黒ビールとのことです。
f:id:sakearchive:20180123011717j:image
クリーミーな泡、麦のロースト感、ほどよいビターさ、口当たりの滑らかさ、素晴らしいバランスの黒ビールですね~。これはグイグイ飲んでしまいます。

普段は海外のビールというとIPA(インディアン・ペール・エール)ばかり飲んでいる私ですが、こういうビールも悪くないよねーと思う。ビールも日本酒もワインも、みんな違ってみんないい。

続いていただいのが『ドイツソーセージの盛り合わせ』。
f:id:sakearchive:20180123011728j:image
ドイツ直輸入の白ソーセージを含む4種のソーセージと付け合わせの野菜がちょろっと。

味は…正直普通ですね。スーパーで売ってるものを家で焼くのと変わらないと思います。これも1皿2400円という金額にしては貧相というか「やられたなー(笑)」という印象です。

17時頃になるとお客さんが徐々に入ってくるのですが、ソロでカウンターに座る常連さんらしき方は皆、料理は注文せずにビールだけ飲んでサッと帰っていく方が多いように見受けられました。

まぁ確かにこの料理の内容ならビールだけ頂いて帰るのが正解だよねーと納得(笑)

初めて入るお店は常連さんの注文しているメニューをよーく観察しないといけませんね!

失敗した感は否めませんが、注文してしまった料理は止められません(笑)続いていただいたのは『キャベツとベーコンのアンチョビソテー』。
f:id:sakearchive:20180123011737j:image
これは唯一のアタリでした。まぁアタリと言っても値段相応というところですけど。濃いめの味付けでビールが進みます。

お腹の空き具合から言えばまだまだ食べられるのですが、こちらのお店でこれ以上料理を注文する気にもなれず、次の店に向かうことに。

連れもなんとなく察したのか、速やかに撤退(笑)ご馳走でした。

おわりに

というわけで、今回訪れた『グレート・ジャーマン・クック(GCC) 鶴見店』料理に不満が残るものの、サク飲み利用なら大いにアリ!そんな感じのお店でした。

とにもかくにも料理の貧弱さが残念ですよねー…。クオリティー、ポーションともに微妙すぎます。

とはいえ提供しているビールは高品質なので、ストイックにビールだけ飲む場所と考えれば悪くないと思います。

用は使い方ですよね。カウンターにいた常連さんのように2杯程度サッと飲んで次の店に行くのが賢明なんでしょう。

ちなみに調べてみたところこちらのお店は、川崎と蒲田にも店舗があるそうです。

料理は推して知るべしなので行くならサク飲みが安定ですかね。早い時間から夜遅くまでロングで営業しているのは有り難い限りです!

それではまた。

関連ランキング:ドイツ料理 | 京急鶴見駅鶴見駅国道駅

鶴見駅周辺をじわじわと開拓しています。オススメのお店はコチラ↓ 

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp