読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

【復活】伝説の杜氏・農口尚彦氏が84歳にしてまたもやカムバックされるという話

広告

こんにちは、しーたかです。

年が明けてビッグニュースが舞い込んできました。

2年前に引退された能登杜氏四天王の代表格である農口尚彦(のぐちなおひこ)氏が現役復帰されるというのだ…!

www.asahi.com

日本酒業界では知らない者はいないレベルの超有名人ですが、ひょっとしたら「誰それ?」という方もいるかもしれませんので、簡単に経歴を載せておくと…

  • 親子三代の杜氏一家
  • 菊姫合資会社、鹿野酒造、農口酒造にて杜氏を歴任
  • 全国新酒鑑評会で27回の金賞を受賞(12回連続を含む)
  • 2006年に厚生労働大臣から「現代の名工」に認定される
  • 2008年に黄綬褒章を授与

と、こんな感じです。なんとなくスゴイお方だというのが伝わったかと思います。

そんな方が84歳にして過酷な酒造りの現場に戻ってくるのです。常人では考えられない体力と気概ですね…。

とはいっても、今回の農口氏のカムバックは予想どおりといえば予想どおりかな?

そもそも2年前に農口酒造から身を引いた際、表向きは高齢を理由に引退ということになっていますが、農口酒造オーナーの渡辺氏との間で軋轢があったせいだというのが真相だといいますし、農口氏は常々「酒造りに一生を懸ける」旨の発言を繰り返していたので、このまま酒造りから離れることはないだろうと、思っていました。

農口氏が新しく杜氏として就任する酒造会社はまだ設立準備中とのことで、出来上がったお酒が飲めるのは、早くても2017年の年末ごろからになりそうですね。

また、農口杜氏の造る剛にして柔な味わいのウマイ酒が飲めるのか思うと、今から待ち遠しい…。写真はかつて農口氏が在籍していた菊姫の最高級品『菊理媛(くくりひめ)』f:id:sakearchive:20170130160351j:plain3年前に飲んだものですが、これは本当に美味かった!

しばらくは復習として、『プロフェッショナル 仕事の流儀』の農口さんの回でも見て楽しみに待とう。麹の出来を何度も何度も確認するため、歯が全て溶けてしまい、四十代にして総入れ歯になってしまったという話(!)がショッキングすぎるが、それだけ酒造りの一瞬一瞬にこだわり続けているということなのだ。

それではまた!