読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

【野球場で日本酒買ってきた】横浜DeNAベイスターズ公式の日本酒『横濱 純米吟醸』まさかの『伯楽星』醸造元とコラボだ!

日本酒の紹介 日本酒の紹介-宮城県の日本酒

広告

こんにちは、しーたかです。
 

まさかのニュースが飛び込んできましたよ!

プロ野球チームの横浜DeNAベイスターズがオリジナルの日本酒を発売するとな!?

sp.baystars.co.jp

 しかも、『伯楽星』や『あたごのまつ』で知られる宮城の新澤醸造店との共同開発だとーーー!?

2016年4月1日から横浜スタジアム併設のオフィシャルショップ『+B(プラス・ビー)』にて発売開始…か。奥さんこれはいくしかないですわ~!

 

何を隠そう、私、実はベイスターズファンなんです(小声)
野球ファンの方ならご存じの通り、ベイスターズはどうしようもないぐらい弱いチームです。
チームは万年最下位。「どうしてこんなチームを好きになってしまったのか…」と思うこともしばしば。
そんなベイスターズも、近年は親会社が変わって徐々に力をつけているように思います。
2011年に、モバゲーで有名なDeNAがベイスターズを買収しました。買収当初は「モバゲーベイスターズかよ…終わったな」なんて思っていました。

が…DeNAの経営手腕はすごかった!球団買収後の4年間で観客動員数が165%増という驚異的な数字を叩き出しました。

f:id:sakearchive:20160404143408j:image出典:http://diamond.jp/articles/-/83866

ガラガラだったスタジアムは平日でも超満員。横浜を地域ごと盛り上げようという姿勢が、スタジアムにお客さんを呼び戻したものと思います。
あとは、勝つだけ…勝つだけなんだ…!俺は勝利の美酒が飲みたい…!

というわけで、さっそく『横濱』を買いにハマスタへ。

どんより曇り空の横浜スタジアム。f:id:sakearchive:20160404130521j:image昼過ぎに寄ったのですが、この日は野球開催日(18時開始)とあって、すでにファンが集まり始めています。俺も野球みたい…。

オフィシャルショップ『+B』の外観。f:id:sakearchive:20160404130544j:imageなんとなくオシャレな感じが伝わるだろうか?ショップの左側は『BALLPARK COFFEE』というコーヒースタンドです。通称『意識高いコーヒー屋』。

『+B』は「LIFETIMEにBASEBALLをプラスする。」をコンセプトにしています。f:id:sakearchive:20160404131945j:image出典:+B|横浜スタジアムに新ライフスタイルショップが「プラス・ビー」オープン | Web Magazine OPENERS

何気ない日常の中に野球をプラスするーー今までありそうでなかったショップ。というわけでコテコテの野球グッズの他に、日常で使える雑貨やオシャレな洋服も取り扱ってます。特に洋服は、野球色が限りなく薄く、見る人が見ればわかるぐらいのさりげないデザインなので使いやすそうです。

f:id:sakearchive:20160404130650j:image

梶雄太+B パーソンオックスフォードシャツ | 横浜DeNAベイスターズ オフィシャルwebショップ

ちゃっかりリーデル社のワイングラスまで取り扱ってるとは…実用性高すぎてワロタ

f:id:sakearchive:20160404131524j:image +B プレミアムワイングラス カベルネ(赤ワイン) | 横浜DeNAベイスターズ オフィシャルwebショップ

 

「横濱はどこだ?探せー!!」

きょろきょろ見渡すと、レジの隣に重厚感のある冷蔵庫が。

いや、冷蔵庫じゃない。こ、これは…
まさかのワインセラーに入っているーーー(笑)
てっきり常温で棚に並んでるものと思っていました…ちゃんとこだわってるなぁ。そういうとこが好きだよDeNA。ちなみにセラーはHaier社製品でした。

レジでお会計をしようとすると、「このあとは観戦されていきますか?」と聞かれました。

というのも、ショップの所在地である横浜スタジアムは、瓶の持ち込みが禁止されています。日本酒を購入した人で、野球を観戦していく場合は、観戦後に引き渡しとなるそうです。購入される方は、うっかり忘れて帰ってしまわないように気を付けましょう!

『横濱』開封の儀!

こんな感じの紙袋にいれてくれます。

f:id:sakearchive:20160404130744j:image再生紙を使っているあたりエコでいいですね。購入した日は雨が降りそうな天気だったので、出来れば紙袋にビニールを被せてほしかった。そんなに外にいなかったからいいけど。

 

取り出したところ。スパークリング日本酒『しゃんぽん しらほし』も買っちゃいました。『しらほし』は2015年から発売の商品です。

f:id:sakearchive:20160404130817j:image化粧箱は段ボール材に和紙のようなものが貼ってあってオシャレ!これなら普通にギフトで使えそう。
 

化粧箱から取り出しましたー!和紙を使ったシンプルなラベル。f:id:sakearchive:20160404130922j:imageラベルの横濱の文字は、横浜出身の書道家の方に書いてもらったそうです。

 

裏ラベルはこんな感じ。f:id:sakearchive:20160404130900j:image 色々書いてあるので転載します。

 2011年12月、横濱のプロ野球球団は、横浜DeNAベイスターズとして新たに生まれ変わりました。その傍らで、もう一つの生まれ変わりがありました。創業140年の老舗蔵、新澤醸造店は、東日本大震災により傾いてしまった蔵の立て直しを行い、2011年11月、再建に成功。日本酒の世界で新たな挑戦を続け、はや5年目に突入します。
 その成長の歴史と姿が重なるふたつの出会いで生まれたのが、日本酒「横濱」です。世界一の日本酒を決める「sake competition」で2014年、唯一2品種を上位ランキングさせた新澤醸造店が、横濱DeNAベイスターズをイメージし、横濱の為に作り上げた、みずみずしくフレッシュな、究極の食中酒をお楽しみください。

 そうそう、このお酒は前述したように『伯楽星』や『あたごのまつ』で知られる宮城県の新澤醸造店で造られたものです。

『横濱 純米吟醸』がリリースされるというニュースを聞いたときは、
「なんで宮城の蔵と組んだんだ?」という疑問がまず頭に浮かびました。
神奈川もいいお酒を造る蔵があるんだし、そこは地元の酒蔵とコラボすべきじゃ?なんて思っていたのですが、ラベルの裏書きを読んで納得しました。

さて気になる味の方はどうでしょうか?
グラスを口元に近づけると、うっすらとバナナや洋梨のような香りがします。すでにウマイ酒の予感が漂います。
口に含むと、みずみずしい米の甘みが優しく広がります。そして清涼感や透明感を感じさせる味わいは、極小の苦味をアクセントに優雅に縮退していきます。
素晴らしい出来です!究極の食中酒は伊達じゃありませんでした。
それに、酒全体の印象として感じられる清涼感やみずみずしさはベイスターズのイメージとしっかり重なるものでした。ベイファンの私も「これはベイスターズの酒だ!」って思いましたよ(^-^)

いや~ベイスターズファンで日本酒を愛飲される方なら、必ず飲むべきといっても過言ではありません。

横浜DeNAベイスターズと新澤醸造店のこれからの未来にカンパイ!

『横濱 純米吟醸』

商品スペック
アルコール度 16度
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
内容量 720ml
製造場 株式会社新澤醸造店
価格 2500円(税込) ※化粧箱付  

【追記】『SAKE COMPETITION 2016』で『横濱 純米吟醸』がTOP10入り!

日本一美味しい市販酒を決める利き酒イベントである『SAKE COMPETITION 2016』で『横濱 純米吟醸』が、純米吟醸部門で堂々の10位に入賞しましたo(^o^)o

f:id:sakearchive:20160820144123j:plain画像は http://sakecompetition.com/?page_id=1689 より引用

ちなみに純米吟醸部門は466点もの銘柄がエントリーしました。その中の10位ですので、かなりの上位入賞と言えます!素晴らしい結果に拍手!

それではまた!