読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

横浜DeNAベイスターズ、オリジナルのビール!BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)飲んできた

広告

ベイスターズがオリジナルビール出したってよ
 
こんにちは、しーたかです。
普段は日本酒をメインに紹介している当ブログですが、今回は久々の番外編!
横浜DeNAベイスターズ球団オリジナル醸造ビールの『BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)』を紹介します。
 
ビールの紹介の前に
ちなみにみなさん、横浜DeNAベイスターズはご存じでしょうか?
知らない方のために一応説明しますと、
横浜DeNAベイスターズは、神奈川県横浜市に本拠地を置く日本のプロ野球の球団です。
プロ野球ファンの中では、万年最下位で知られる弱小球団であるものの、親会社が、モバゲーで知られるDeNAに変わってここ数年は着実に力をつけています(勝てるとは言ってない)
 
(ちなみに、ベイスターズの歴史を詳しく知りたいという奇特な方は、村瀬秀信『4522敗の記憶 ホエール図&ベイスターズ涙の球団史』がオススメです。勝ちたい気持ちはみんな同じだった…。涙なしでは語れないベイスターズの歴史。何度転んでも、熱く熱く立ち上がれベイスターズ…!)
近年は、球団オリジナル商品の開発にも注力。2016年はベイスターズオリジナルの日本酒『横濱』のリリースを発表しました。『伯楽星』や『あたごのまつ』などの銘柄で知られる宮城県の新澤醸造店とのコラボ商品ということで話題を呼びましたね。
 
ベイスターズオリジナル日本酒『横濱』私も先日購入しました! オリジナルの商品開発に並々ならぬ意欲を見せる横浜DeNAベイスターズ。2016年は球団オリジナルビールを販売ということで、シーズン開幕前から楽しみにしておりました。
 

広告

 

BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)とはどんなビールなのか?

ベイスターズ・エールは、横浜DeNAベイスターズのオリジナル醸造ビール!
f:id:sakearchive:20160504123646j:image
出典: http://sp.baystars.co.jp/news/2016/03/0323_03.php
なんでも、ベイスターズの選手にアンケートを取って、ビールの色や香り、味の方向性を決めたのだとか。
ビールの醸造は、横浜スタジアムのあるJR関内駅から徒歩5分のところにある横浜ベイブルーイングが担当しています。

横浜ベイブルーイングは醸造所にビアパブが併設されている、いわゆるブリューパブで横浜界隈のビール愛好家には知られています。出来たビールをその場で飲めるというのは贅沢ですよね!
ベイブルーイングは本当に小さい醸造所なのですが、最近、横浜市戸塚区に工場を建設しているようです。

日に日に工事が進んでいます!工場が完成したら、球場で飲めるビールの種類も増えたりするのでしょうか?今から楽しみです。

 

ベイスターズ・エールの4つの特徴を公式ページから引用します。
(1)色は最も明るいゴールドカラー
(2)アルコール度数 は4.5%で女性も飲みやすいすっきりした味わいを追求
(3)ホップの香りは草原のような爽やかな香りに柑橘系の香りをプラス
(4)麦の甘味とホップの苦味でバランスを取り、あまり苦味を感じない飲みやすさ

 この表現通りなら、かなり美味しそう!

 
さて、気になるベイスターズ・エールの販売場所ですが、当面は横浜スタジアム内限定での販売となります。
横浜スタジアムのコンコースでの店舗販売(内野5店舗、外野2店舗)とスタジアムのスタンド内の売り子さんから購入出来ます。
横浜スタジアムの外にある+B(プラス・ビー)というショップ内のBALLPARK COFFEE(ボールパーク・コーヒー)でも販売しているそうなので、野球観戦をしないときでもベイスターズ・エールを楽しむことができます!ちょっとした裏技ですね(笑)
 
ちなみに売り子さんはベイスターズ・エールのオリジナル衣装で販売しています。ツナギ姿いいじゃないか…!f:id:sakearchive:20160504123442j:image出典: http://sp.baystars.co.jp/news/2016/03/0323_03.php
可愛いのでもう一枚(^o^)ビールのタンクが重そうです。
f:id:sakearchive:20160504123454j:image
出典: http://s.cyclestyle.net/article/img/2016/03/24/33957/148317.html
これを背負いながら急勾配のスタジアムを縦横無尽に売り歩くって、相当な重労働だよなぁ!
以前Twitterにも投稿しましたが、出来るかぎり売り子さんから購入してあげたいね。
スタンド内にいるビールの売り子さんは基本給+歩合制で働いているので、売れば売った分だけ稼げるそうです。ビールを買って頑張っている売り子さんに還元、ビールを飲んでチームを応援、というのが粋な酒飲みであり、粋な野球ファンというものでしょう。
 

ベイスターズ・エール、私もさっそく現地で飲みました!

ベイスターズ・エール飲みたいんじゃあ~というわけできましたよ、横浜スタジアムに!
当日はあいにくの雨模様。
ぜんっぜん、ビール日和じゃねぇ…。
写真たくさん撮るつもりだったのにあまり撮りませんでした(*_*)
 
これがベイスターズ・エール!!f:id:sakearchive:20160504131225j:image
黄金色に輝いています。さっそく飲んでみましょう!
これは…
非常に軽快で爽やかです!いやな雑味が全くありません。
パイナップルや若草のような香りに、麦の甘味が綺麗に出ています。ホップの苦味もエグみはなく爽やか。ぐいぐい飲んでしまいます。
そして、驚くべきはこの完成度で1杯700円という低価格!
横浜スタジアムで販売している他の大手企業のビールも700円ということを考えると、もはや横浜スタジアム内でベイスターズ・エール以外のビールを買う必要性を感じません。
まさかこれほどのクオリティーのクラフトビールを球場で飲める日が来るとは…。
ベイスターズファンも他球団ファンも是非飲んでみてください!

【追記】MARK IS みなとみらいでベイスターズ・エールとベイスターズ・ラガーの販売が開始されました。

朗報です!
2016年まで横浜スタジアムでしか飲めなかった横浜DeNAベイスターズ球団公認
ビールが、みなとみらいの商業施設『MARK IS みなとみらい』で販売されるようになりました!

news.mynavi.jp

2017年5月31日までの期間限定ではありますが、『MARK IS みなとみらい』の飲食店(一部取り扱っていない店舗アリ)やB1Fの京急ストアで販売されています。これでスタジアム以外でもベイスターズエール飲めるぞー!!気になる方はぜひお早めに足を運んでみてください。
それではまた! 

横浜DeNAベイスターズ、実はビールだけじゃなくてオリジナルの日本酒も販売しているんですよ。

sakearchive.hatenablog.jp

その他ビール関係のオススメ記事はコチラ!