しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

青森県『田酒(でんしゅ) 純米吟醸 山田錦 生』純米吟醸シリーズでは2019年から新登場の山田錦!ソツのない清々しい味わいです。

広告

こんにちは、しーたかです。

先日、4ヶ月ぶりに『田酒』を自宅でいただきました。11月頃には紅葉ラベルも買おうと思えば買えたのですが、冷蔵庫事情から躊躇してしまったんですよね~。

買いたいときにあっさり買えるものでもないので、無理してでも買うべきだったかな…?

そんなわけで今回紹介するのはコチラ『田酒(でんしゅ) 純米吟醸 山田錦 生』です。f:id:sakearchive:20190214135949j:image青森県青森市の西田酒造店のお酒です。

ライムグリーンの箔押しが印象的な『田酒』。「これは初めてみるかも?」と思って調べてみると、2019年からの新商品だそうです。

それにしても『田酒』の純米吟醸クラスのお酒は新商品が多いですよね。市場を常に刺激していく姿勢は素晴らしいと思います!

使用米は山田錦。精米歩合も50%と大吟醸並みに磨いているためか、価格もいつもの純米吟醸シリーズよりややお高めです。

ちなみに今回の『田酒』は横浜君嶋屋さんで購入しました。リリースを知った当初は「わざわざ買うこともないかな」と思っていたのですが、いざ目の前にあると購入してしまうものですね(笑)

『田酒(でんしゅ) 純米吟醸 山田錦 生』純米吟醸シリーズの持ち味を踏襲した、軽やかで洗練された仕上がりです!

『田酒 純米吟醸 山田錦 生』の裏ラベルはこちらf:id:sakearchive:20190214140033j:image

スペック表も貼っておきます。

原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 山田錦 100%
精米歩合 50%
日本酒度 +1
酸度 1.7
アルコール分 16%

それではいただいてみましょう。

グラスに口を近づけると、ラムネ・水飴・シロップのような爽やかで微かに甘みを予感させる香りがします。

口に含むと、口のなかで青リンゴのような含み香が膨らみます。

『田酒』の純米吟醸シリーズということで、ある程度予想したとおりの味といいますか、クリアーでバランスが良いですね。ガス感に後押しされて軽快な味わいです。

清涼感を保ちながらパッと弾けるような軽いフィニッシュ。若干ツンとしたアルコール感はありますけどイヤな感じはしないですね。 小気味の良い味わいに杯が進みます。

一見よくあるタイプのお酒のようにも思えますが、やはりそこは『田酒』。頭ひとつ抜けてますね。

コントロールのいい右投手が放るアウトローいっぱいに決まるストレート。テンポの早い投球に飲み込まれて、気付けば2ストライクまで追い込まれていた…。そんな場面を彷彿とさせる精度の高い1本でした。

家飲みにはややお値段が張りますが、味のクオリティーとネームバリューからちょっとした手土産にはもってこいのお酒だと思います!

それではまた。

『田酒(でんしゅ)』の純米吟醸シリーズ、ちまちまレビューを増やしています。よろしければこちらもどうぞ↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

入手困難なプレミア銘柄特集。『勝駒(かちこま)』や『射美(いび)』などの記事をアップしています。よろしければコチラもどうぞ↓sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp