読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

熊本県は日本酒も旨い!『亀萬 純米 無濾過生原酒 中汲み にごり酒』を飲んでみた

広告

こんにちは、しーたかです。
 
今回は熊本県の日本酒『亀萬 純米 無濾過生原酒 中汲み にごり酒』を紹介します。
 
あの痛ましい震災があってからというもの、関東の日本酒処でちょくちょく熊本の酒をみかけるようになりました。熊本の酒を飲んで応援しよう、そんな気運の高まりをひしひしと感じます。
私に出来ることは少ないですが「熊本の酒を飲んで、ブログで紹介して応援しよう」と思い、今回の記事を書いた次第です。
 

亀萬、濃醇でグッとくる味わいでイイぞ!

これが『亀萬 純米 無濾過生原酒 中汲み にごり酒』 f:id:sakearchive:20160517121954j:image
清酒蔵としては本州で最南端!熊本県の亀萬酒造さんで造られたものです。
九州の温暖な気候は、日本酒造りには適しているとは言いがたいのですが、気候のハンデをもろともせず高品質の日本酒を造っています。
なんでも醪を仕込む際に、大量の氷を投入して温度を調節する「南端仕込み」という手法で酒造りをしているそうです。発想が豪快ですね()
【参考】第7回純米酒大賞2015では、『亀萬 萬坊』が純米吟醸酒部門で金賞を受賞しました。
さて飲んでみましょう。
 
香りはうっすらメロン、あとヨーグルトのような匂いがしますね。
口に含むと、にごり酒らしいまろやかさとピチピチとしたフレッシュ感がせめぎあう!旨味と強めの酸味がグイグイ押してくるようです。
濃醇な味わいにして、イヤな雑味も感じないのもポイント高いです。
私の好きな野球で例えると、速球で押しまくるパワーピッチャーを連想します。しかも四球で自滅しないタイプですね。こりゃあ旨い。
 
今回飲んだ生酒とは違って、火入れタイプですが、にごり酒の原酒も売ってますね。
300mlの小瓶なので、少しだけ試してみたいという方にピッタリなサイズです。 
 
余談ですが、今回紹介した『亀萬』の亀萬酒造さんは、2016年10月9日(日)に渋谷で開催される日本酒イベント『若手の夜明け サカヤモンGO』に出展されます。f:id:sakearchive:20160929135829j:image
イベントに参加される方はぜひブースに立ち寄って、渾身の『亀萬』ワールドを楽しみましょう!(^-^)
 
それではまた!
 
『若手の夜明け』を含む、2016年10月の日本酒イベント情報(首都圏版)はこちら↓

sakearchive.hatenablog.jp

 『亀萬』も参戦する大人気日本酒イベント『若手の夜明け』前回の様子はコチラ↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp