しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

新潟県 池田屋酒造 謙信 特別純米 無濾過生原酒

広告

こんにちは、しーたかです。

今回は新潟県・糸魚川(いといがわ)の銘酒『謙信』を紹介します。

謙信は新潟の日本酒まとめ記事でもチラッと触れましたね!

sakearchive.hatenablog.jp

『謙信』は僕が日本酒にハマりはじめたときに出会った思い出の銘柄です。

 日本酒を飲みはじめた当初、無濾過生原酒が好きで好きで、いろいろ飲み漁っていました。その中で一番ピンときたのが謙信です。
初めて見たときは「ずいぶん大それたネーミングの酒だな」なんて思ったものてすが、名前負けしない味に納得!

銘酒・謙信のルーツ

謙信を醸す池田屋酒造の創業は1812年(文化9年)。糸魚川市の千石街道沿いで開業しました。酒銘『謙信』の名は、上杉謙信が武田信玄に塩を送ったとされる運送ルートが、蔵のある千石街道であったことから美談にあやかって命名されたそうです。
新潟出身の友人いわく「新潟県でも上越地方に住んでる人はみんな上杉謙信好きだから、やっぱりお酒の方も人気だよね」とのこと(笑)

謙信 特別純米 無濾過生原酒

f:id:sakearchive:20160331150114j:image

そんな人気の謙信ですが、謙信の真骨頂は無濾過生原酒にあると思ってます。
「いま汲んだばっかりなんじゃないか」って思うぐらいフレッシュで荒々しいんです。リンゴのような香りとイキイキとしたフレッシュさにハッとさせられる。そこに、まろやかな米の甘旨味が長く続きます。
しっかり重い酒ではあるのですが、丸い酒質と後味のキレのよさから飲みにくさは感じませんね。生原酒が好きな方にはぜひとも飲んでいただきたい! 

謙信、話題の新商品『愛山』デビュー!

近年は、新商品のリリースもちょくちょくありました。
2015年には謙信では初となる『ひやおろし』が発売されました。そういえば今までひやおろし造ってなかったのだね。
 
そして2016年には『愛山』仕込みの謙信が発売されています。
新潟の酒屋、カネセ商店さんのブログで発売を知りました。

s.ameblo.jp

愛山は全国的に注目されている酒米ですね。早く飲みたい!しかし、少量生産のようなのでありつけるかどうか…。
出来れば来年以降も造ってほしいなぁ~!
 【追記】謙信の『愛山』飲みました!期待通りの感涙テイストでしたよ~。詳しくはコチラ↓
それではまた!
 
新潟の日本酒、こちらもオススメです。

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp