読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

日本酒初心者に絶対オススメ!『黄桜 純米吟醸 ゆるふわ』はフルーティーでさらりとした軽い飲み口。初めて日本酒を買うならこの一本からで決まり!

日本酒の紹介 日本酒の紹介-京都府の日本酒

広告

こんにちは、しーたかです。

先日京都に行った際、土産に買ってきたお酒を開栓しました!それがコチラ…

京都・伏見の日本酒『黄桜 純米吟醸 ゆるふわ』です。f:id:sakearchive:20170225151243j:plain
カッパのCMで有名な『黄桜』の日本酒ビギナー向けの商品です!ゆるふわというネーミングからして主に女性をターゲットにしているようですね。

普段から飲んだくれている私ですが、実は『黄桜』の商品を購入するのは初めてかも?

いや、なんていうか、こんな事いっちゃいけないと思うんですけど、『黄桜』って酔っぱらいのオジさんが飲む安酒ってイメージが自分の中で強かったんですね。
今までスーパーやコンビニで見かけても、まー目にも入らなかったわけですよ。自ら購入することはないだろうなと。
だって、安酒を飲んで、ただ酔っぱらうのってイヤじゃないですか。どうせ酔うなら、顔の見える生産者が造るウマイ酒で酔いたい…ということを常々思っていました。

いままで見向きもしなかった『黄桜』。購入するきっかけになったのは、ある日本酒ブログのエントリーでした。

そんなわけで、安酒の代表格たる『黄桜』を購入することはこの先もずっとないハズだったのですが、最近少し考え方が変わってきました。
紙パックに入っているような、安価で購入できる日本酒について、考え方を改めるきっかけになったのは、神奈川建一さんのエントリーを読んでからです。

www.osakemirai.com

こちらの記事の冒頭を読んで、私はハッとしました。少し引用しますね。

僕は最近の地酒の吟醸酒、純米酒ブームから日本酒に入ったクチで、大手の安酒の悪口をさんざん聞いて育った世代のファンなのです。そりゃあ、安いパック酒なんて恨まれてましたよ。「あれが日本酒のイメージを悪くしてる」とか「安酒飲むと次の日二日酔いになる。地酒はそんなことない」とか。よほどの屈辱を先輩方は味わったんだなぁと思いましたね。

しかし、僕は日本酒飲むようになってから、一度もパック酒をちゃんと飲んだことはないのです。これはいけません、自分で体験してないことを語るなんて!それは賭ごとしない麻雀をプレイして、麻雀を知ったような気になるのと同じです! 

パック酒がぶ飲み大会!はたして大手の安酒はまずいのかッ!?地酒マニアが徹底検証 : お酒ミライ Tシャツ屋の日本酒ブログ より一部引用 

これを読んで、私は顔が真っ赤になりました。「オレは今までなんて恥知らずだったのか…」と。
飲んでもいないものを知ったかぶりしてイメージのみで語るなど言語道断なんですよね。
「だったら紙パックの酒も飲んでみよう」ということで、スーパーで売っていた『菊正宗』を試しに購入してみました。

正真正銘、誰がみても紙パック酒ですね。
「まぁ言うても大したことないだろ?十中八九アレだな、一口飲んで料理酒行きだな、料理しないけど」なんて思いながら、早速飲んでみると

 

!!?なかなかイケるやん…!?

 

紙パックの酒がマズイなんてなんて誰が言ったのか…?
べらぼうに絶品というわけではないものの、酒とつまみが進む進む。
結局このとき購入した『菊正宗』はものの2日でなくなってしまいました紙パック酒アレルギーがなくなった瞬間です。

京都・伏見のキザクラカッパカントリーを訪問。めでたく(?)『黄桜商品』を初購入!

…といった経緯もあり、酒造大手メーカーの造るお酒にも少しずつ興味が湧いてきた矢先の先日、私は京都・伏見を訪れました。

伏見と言えば昔から『灘の男酒、伏見の女酒』と評されるように、名の通った日本酒の銘醸地です。伏見の町を歩くとそこらじゅうに酒蔵がひしめきあっているんですね~。

で、そんななかで、フラッとお邪魔したのが黄桜カッパカントリーでした。f:id:sakearchive:20170227163525j:image
黄桜カッパカントリーは、醸造施設と記念館、お土産コーナー、黄桜直営の飲食店が一体となった複合施設です。
見てのとおりの解放的なファサードで、観光客や地元客も気軽に立ち寄ることができます。今まで見た酒蔵の中で、一番入りやすい雰囲気ですね!

中のお土産コーナーでは黄桜の各商品が販売されていて、中には超高額の商品も陳列されていて度肝を抜かれます(笑)
f:id:sakearchive:20170227163602j:image
黄桜DIAMOND…?すごい高級そうなボトルだ…どれどれお値段は?f:id:sakearchive:20170227163619j:image
お値段なんと、600mlで30000円(税別)!
おお…あの獺祭 磨き その先へと同価格ですよ。黄桜さん、気合い入りすぎでしょ…!(笑)

当然そんな高価な酒を購入するわけにはいかなかったので、普段飲み出来そうな酒をいくつか購入。そのうちのひとつが『黄桜 純米吟醸 ゆるふわ』というわけです。

『黄桜 純米吟醸 ゆるふわ』ほんのり甘くすっきりした味わい、これは日本酒に興味を持ってもらえるキッカケになりそうなお酒だ!

なんだか長くなってしまいましたので、ここからは巻きで行きますよー!

コチラが『黄桜 純米吟醸 ゆるふわ』の裏ラベルです。
f:id:sakearchive:20170227172014j:plain
内容量は300ml。このぐらいの量なら、初めて日本酒を購入する方でも手を取りやすくていいですね。
商品説明によると

フルーティーな香りとやわらかな甘さ、かるい味わいの純米吟醸酒です。はじめての日本酒にぴったりのやさしいお酒です。

とのこと。しかもアルコール分は日本酒にしては少し低めの10度という設計です。こんなん絶対飲みやすいやつですやーん!

ま、とにかく飲んでみましょう

香りはうっすらとリンゴや白桃のようなニュアンス。なかなか好ましい香りです。
とはいっても、一応ちゃんとした日本酒らしい香りがするので、本当に日本酒が苦手な人には受け入れられない可能性はありそうですね。

口に含むと、ほんのりとした甘みが、ふわりとした花の香りを伴ってスーッと流れ落ちてきます。
商品説明にあったとおり、軽快でやさしい味わいです!フルーティーで非常に飲みやすいですが、ちゃんと日本酒らしさも出ていて、普段から酒浸りな私が飲んでも納得の味わいです(笑)

おわりに

『黄桜 純米吟醸 ゆるふわ』日本酒初心者ならマストバイな逸品でした!
日本酒を初めて飲む人にオススメ出来るお酒はいろいろありますが、その中でも『黄桜 純米吟醸 ゆるふわ』はダントツでゼロをイチにする力がある、そんなお酒だと思います。
すでに日本酒にどっぷりハマっている方も、是非一度試していただいて、日本酒愛好家を増やす啓蒙活動に使っていただければと思います。

それではまた!

 猫のラベルが可愛い『たてにゃん』シリーズも日本酒初心者にオススメです!

sakearchive.hatenablog.jp