しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

秋葉原駅から徒歩5分の『鈴木酒販 神田店』。1杯250円から頂ける日本酒の有料試飲コーナーが激アツです!

広告

こんにちは、しーたかです。

夏の暑い日は、コンビニと酒屋で涼むに限るーー。

平日にお休みをいただいたので、たまには都内でぶらりと飲み歩いてみようかと思い立ち、なんとなく神田方面へ。

まずは気になっていた神田駅の立飲み屋さんに寄ろうと思っていたのですが、ある酒屋さんの存在を思い出して1駅先の秋葉原駅で降りることにしました。

で、やってきたのがこちらの『鈴木酒販 神田店』。一目で日本酒推しとわかる「国酒」の文字が眩しい。f:id:sakearchive:20180718125955j:image
秋葉原駅からだと徒歩5分ほどでしょうか。万世橋を渡って国道17号線を神田方面に道なりに進んでいくと右手に見えてきます。神田駅からも歩いて10分程度なのでかなり光立地ですね。

さて、こちらの『鈴木酒販』は都内では非常に名の通った酒屋さんでして、台東区の三ノ輪に本店があります。

人気の理由はその品揃えでしょう。酒類はワインや日本酒、焼酎、クラフトビールと幅広く扱っていながらも、ツボを抑えたセレクトには定評があります。

私の好きな日本酒で言えば、梵、陸奥八仙、作(ざく)、獺祭などを筆頭に全国各地から上質な地酒を揃えているなーという印象です。

このムラのない優等生的な品揃えは近所にあると非常に重宝するでしょうね。

こちらのお店でぜひ覗いてもらいたいのは、店内の奥の日本酒用の冷蔵室。店内のショーケースには収まりきれない日本酒がゴロゴロと鎮座しています。

氷点下の冷蔵室に入れば、どんなに暑い日でも一瞬で汗が引くこと間違いなし(笑)冬であれば上着を着ていればちょうどいいでしょう。

『鈴木酒販』といえば絶対寄りたい角打ちコーナー!人気の日本酒が低価格で試飲することができます。

『鈴木酒販』へ行くなら交通機関を使うか徒歩で行くべし。なぜならこちらの酒屋さんを訪れたら角打ちコーナーに寄らないわけにはいかないからね。

角打ちコーナーの目玉はやはり日本酒。日替わりの日本酒メニューは8種類、半合(90cc)ずつ提供してもらえるので気になるお酒をいろいろと試すことができます。f:id:sakearchive:20180718130008j:image1杯250円~という酒屋さんならではのプチプライスが嬉しい!ちなみに日本酒以外にもワインやクラフトビールも抜栓料を支払えばその場でいただけます。

おつまみもチーズやプロシュートなどなど軽くつまむにはもってこいですね。 

ちなみに私が訪れたのは平日の真っ昼間ということもあって、角打ちコーナーで飲んでいるお客は誰もいませんでした(笑)まぁせっかくなので『東洋美人』で喉を潤します。f:id:sakearchive:20180718130013j:image
東洋美人が1杯350円で飲めるとは…角打ちにしても安い!

角打ちコーナーにはワインの紹介POPが貼ってあります。
f:id:sakearchive:20180718130148j:image
こういうのって一人で飲んでいると自然と読んでしまいますね。ホッと一息つけるいいオアシスを見つけました。 

おわりに

そんなわけで今回訪れた『鈴木酒販 神田店』、豊富な品揃えのお酒を購入するだけでなく、その場で気軽に楽しめる使い勝手のよい酒屋さんでした!

リーズナブルに日本酒が楽しめるとというだけでありがたいお店なのですが、店内は明るく清潔感があるので普段は酒屋に立ち寄らない女性の方も比較的入りやすいでしょう。

うーん、こんなお店が駅の近くにあるなんて最高だ。職場や自宅が神田〜秋葉原方面の方はぜひ行ってみてほしいです!

角打ちとは言っても有料試飲という名目で場所を提供してくださっているので、飲み過ぎないことはもちろん、混雑時は場所を譲るなどマナーを守って利用したいですね。

それではまた。 

関連ランキング:日本酒バー | 淡路町駅秋葉原駅小川町駅

気軽に日本酒が楽しめる都内の角打ち特集!詳しくはコチラ↓ 

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp