しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

栃木県『七水(しちすい) 純米吟醸55 吟風』北海道の酒造好適米『吟風』で醸す1本。レッドブルを彷彿とさせるカラーリングのラベルは北海道イメージだそうです(笑)

広告

こんにちは、しーたか(@s_sakearchive)です。

今回は『七水(しちすい) 純米吟醸55 吟風』をいただきました。f:id:sakearchive:20200624203526j:image
栃木県の宇都宮市の虎屋本店のお酒です。

割と地味めな味わいの『虹乃井』のイメージが強い酒蔵さんでしたが、近年は芳醇旨口タイプの『七水』でブレイクしましたねー。

前回は『七水(しちすい) 純米大吟醸 40 Y2 夢ささら×山田錦 生』をいただきました。まるで綿飴を思わせるフワッとした甘みが上質でしたね。似たタイプのお酒が多い中でひとつ抜けている印象でした。

sakearchive.hatenablog.jp

さて、今回いただく『七水(しちすい) 純米吟醸55 吟風』は、北海道酒米シリーズの第3弾!『吟風』米を使用しいたお酒です。

ラベルは北海道を大自然をイメージしたカラーだそうです。てっきりレッドブルかと思ったんですけど全然違いました(笑)フレッシュ感にこだわる直汲みとのことですので溌剌とした味わいにも注目して楽しみたいです。

『七水(しちすい) 純米吟醸55 吟風』同ブランドの中ではややシャープで大人びた味わい。それでも『七水』ならではのクリアで上質な甘みはたっぷり楽しめます!

『七水 純米吟醸55 吟風』の裏ラベルはこちらf:id:sakearchive:20200624203544j:imageスペック表も貼っておきます。

原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 北海道産 吟風 100%
精米歩合 55%
日本酒度 +0.5
酸度 1.9
アルコール分 17.1%

それではいただいてみましょう。

グラスに口を近づけると、メロンや青リンゴを思わせる果実の香りがします。清涼感たっぷりの香りで清々しいですね。

口に含むと、若干のガス感とともにメロンや桃のようなクリアな甘みが膨らみます。やっぱり『七水』は桃っぽい風味のお酒が多いんですかね?果実のミックス感がよいですね~。

それにしても特筆すべきは甘みの質感の良さですよ。みずみずしさとクリアをキープしながら芯に迫っていく甘みは一飲の価値がありますね~。前回いただいた『七水』もそうでしたが、シロップになりそうでギリギリ踏みとどまっている辺りも非凡だなぁと。

後味はグレープフルーツのような酸味もありちょっぴりジューシー。七水の中ではシャープでやや大人びた酒質ですね!

そんなわけで今回いただいた『七水(しちすい) 純米吟醸55 吟風』、程よくボリュームのある上質な甘みと後半のシャープなキレが同居する1本でした。

栃木県で芳醇旨口のお酒というと『鳳凰美田』や『望 bo:』が真っ先に思い付きますが、『七水』も素晴らしいお酒ですね。

酒販店激戦区のわが地元でも買えないのが残念…また近いうちにいただきたいものです。

それではまた。

栃木県のオススメのお酒をピックアップしました。こちらもぜひご覧ください↓ 

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp