しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

福井県『舞美人 sanQ蔵付酵母 滓 山廃純米無濾過生原酒 28BY』舞美人のsanQ、禁断のにごり酒バージョンをいただきましたよ!

広告

こんにちは、しーたかです。

今回は唯一無二の変態酒『舞美人』の超限定バージョンにチャレンジ!

それがコチラ『舞美人 sanQ蔵付酵母 滓 山廃純米無濾過生原酒』です。f:id:sakearchive:20170816135458j:image

福井県の美川酒造場のお酒です。ここの酒蔵さんは、一言でいえば超個性派!

はじめて飲む人はビックリして腰を抜かすぐらい「濃醇で酸っぱい」日本酒を造っている酒蔵さんです。

『舞美人』という銘柄は、決して万人受けする味じゃないですが、ハマる人はハマるんですよね~。中毒性が高いというかなんというか。

で、かくいう私もわりとその中毒者の一人だったりする(笑)一ヶ月前には『舞美人 山廃純米 sanQ 無濾過生原酒』『舞美人 特別純米 無濾過生原酒』の2種類でテイスティングしました。特純無濾過生原酒の方はかなりとっつきにくい気むずかしい味だったなー。

sakearchive.hatenablog.jp

で、今回いただく『舞美人 sanQ蔵付酵母 滓 山廃純米無濾過生原酒』は、以前の記事の時にいただいたお酒のにごり酒バージョンです。f:id:sakearchive:20170816135521j:imageにごり酒バージョンはおそらく市場にはほとんど出回っていないだろう超限定品。

「限定品だから飲みたい」というよりは、酒、その液体そのものに対する純然たる好奇心をそそられます…!!あぁ早く飲みたい、早く飲みましょう。

『舞美人 sanQ酵母 滓(にごり)バージョン』は、沢庵系の香りに激流のような酸!相変わらずブッ飛びすぎでしょ!舞美人!

裏ラベルはコチラ。f:id:sakearchive:20170816135536j:image
みたところ通常バージョンと同じもののようですね。ちなみにsanQ酵母とは、美川酒造店の蔵付き酵母のことです。

原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
使用酒米 福井県産五百万石 100%
精米歩合 60%
酸度 4.0
アルコール分 15度以上16度未満

それにしてなかなかのスペックですね…。まず注目すべきは酸度4.0。普通の日本酒の酸度が1.0~2.0程度の範囲に収まることから考えると、かなり酸っぱい酒だということがわかります。

あとは、アルコール分。15度以上16度未満と、原酒にしては低い数値ですね。最近流行りの低アル原酒?と言えなくもないのかな?

まぁとにかく飲んでみましょう!

まずは香りを嗅いでみると、うわっ!思いっきり沢庵の香り!!なんだこれは!?

沢庵とか糠漬けとかそういう類いのオイニーですよ、これは…。あとはにごり酒らしく、ややまったりとした乳酸系の香りもしますね。

はぁ~~、のっけから面食らいましたね!凄まじいものに出会ってしまった衝撃…まだ口に含んでもないのに…!(笑)

恐る恐る口に含むと、舌の上でビチチチッと弾けるような酸味!ヨーグルトが二回り以上酸っぱくなって他のなにかに化けたような味わいです!何だこの旨酸っぱグルトは?!

前回飲んだ滓のない通常バージョンは黒酢のような酸味でしたが、こちらのにごりバージョンは滓がたっぷり絡んでいるためか、乳酸菌飲料を彷彿とさせる酸味がありますね。

モンスター級の酸味に続いて、渋味・苦味が追従するように後を追い、やはり余韻には沢庵や糠漬けのようなクセのある風味を残してフィニッシュ。

『舞美人 sanQ蔵付酵母 滓 山廃純米無濾過生原酒 28BY』怖いもの見たさに飲んだみましたが、やはりこの銘柄は期待(?)を裏切らないですね~。28BYから生酛造りにもチャレンジしているそうなので、ぜひそちらも飲んでみたいところ…!

それではまた。

時代に媚びない我が道を行く「超個性派日本酒をピックアップしました!オススメ記事はこちら↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp