しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

横浜駅『海鮮居酒屋ふじさわ』旬の鮮魚と優しい出汁のおでんが杯を進ませる。日本酒は全国各地の美酒が揃っています。

広告

こんにちは、しーたかです。

今年もよく飲み歩いた春を思い返す。春って他の季節に比べて、今まで行ったことのないお店を開拓したくなりますよねー。

3月頃の話ですが『海鮮居酒屋ふじさわ』に行ってきました。

横浜駅北東口から徒歩10分。ベイクォーターの脇を神奈川駅(京浜急行線)方面にてくてく歩いていくとたどり着きます。

鮮魚とおでん、そして日本酒がウリのお店です。数年前から気になっていたのですが、ようやく初訪問が叶いました。

見たところご夫婦(?)二人でやっているお店のようですね。店主の方いわく「神奈川駅の方が近いから横浜駅で食べログ検索しても出て来ないんですよね」とのこと。

そりゃもったいない!まぁでも裏を返せば新規のお客さんがわんさとやってこなくても全然やっていけるよってことなんでしょうね。

質・量ともに備わった『お造りの盛り合わせ』はマスト!優しい味付けの料理が多く、横浜駅周辺の居酒屋さんでは頭ひとつ抜けている印象です。

まずはやっぱり『お造りの盛り合わせ(2人前)』から。f:id:sakearchive:20190323112837j:image
海鮮居酒屋と謳っているわけですから注文しないわけには行きませんよね。お魚はお店のすぐ近くの横浜中央市場から仕入れているそうです。

最初に写真を撮るのを忘れて少し箸をつけてしまいました…(笑)

左手前から時計回りにモンゴウイカ、鰯、コハダ酢、インドマグロ、真鯛、ブリ、サヨリの7種です。特にサヨリは絶品でした。この内容とボリュームで2200円はかなりお値打ちでしょう。

こちらは『白魚とみつばの卵とじ』です。f:id:sakearchive:20190323112848j:image
春らしいメニューですよね。優しい出汁の味わい。これは『おでん』も期待できそうです!

クリスピーなビジュアルの『太刀魚の塩焼き』は見た目通りの香ばしさ。f:id:sakearchive:20190323112857j:image
太刀魚は刺身もいいですが、焼き物もまたよし。内側の脂が染み出して皮が揚げられたような感じになっていますね。この皮の感触とホロッとした身の旨味がたまらないです。

最後にいただいたのは『おでんの盛り合わせ』。f:id:sakearchive:20190323112909j:image
がんもどき、大根、さつまあげ、牛スジ、ちくわぶ。これまたお出汁がいい感じです。

おでんを食べながらだらだらと酒を飲む時間は何にも替えがたい。プライスレスな時間だ。

おわりに

そんなわけで今回お邪魔した『海鮮居酒屋ふじさわ』、横浜駅から少し離れたエリアにありますが、わざわざ行く価値のあるお店だと思います。

私はけっこう気に入りましたが、食べログの評価はあまり高くないようですね。けっこういいものを提供されているだけに意外です。個人的な肌感覚では☆3.5前後は付いてそうなイメージだけどなー。

日本酒は『鳳凰美田』を中心に香り高いお酒が多い印象です。その反面、香り穏やかなタイプのお酒は少なめなので、日本酒のメニュー構成は人を選びそうですかね。

かなりアッパーな価格帯のお酒も果敢に扱っているようで、先日ブログでも紹介した『鳳凰美田 supreme シュプリーム 2017 純米大吟醸 特上山田錦30』がグラス1杯から提供されているのにはビックリしました…!

原価で1本20000円を超えるお酒ですけど、頼む人いるのかな?このクラスのお酒が普通に注文されるのなら景気がよくていいことですね。

それではまた。

関連ランキング:居酒屋 | 神奈川駅反町駅横浜駅

横浜駅付近でオススメのお店をピックアップしました。ぜひこちらもご覧ください↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp