しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

池袋『万事快調』クラフトビールと日本酒、どちらも楽しめる池袋エリア屈指の人気店。常温保管も厭わない無濾過生原酒の品揃えは一見の価値があります。

広告

こんにちは、しーたかです。

今回は『万事快調』にお邪魔しました。f:id:sakearchive:20190513151226j:image
池袋の人気店ですね。一見店名からは何のお店なのかわかりませんが、端的にいえば和食にクラフトビールと無濾過生原酒を楽しめるお店です。

クラフトビールも日本酒も両方扱っているというお店は多いですが、高いレベルでとなると途端に母数が少なくなるように感じます。まぁね、両方求めるのは欲張りだとは思う(笑)

クラフトビールは常時10種。普段それほどビールを飲まない私でも比較的聞き馴染みのあるブリュワリーが多く何となくホッとします。
f:id:sakearchive:20190513151337j:image

ビールはこんな感じ。特定の銘柄へのこだわりがなければSサイズで色々試してみるのがいいかもしれませんね。
f:id:sakearchive:20190513151354j:image

日本酒のメニューはこちらです。基本的にはすべて無濾過生原酒。当たり前のように生酒を常温管理している辺りなかなかトガっているなーと(笑)
f:id:sakearchive:20190513151341j:image

 

こちらは『宗玄 純米雄町 無濾過生原酒』。ひとまず冷酒をいただきます。石川県・能登半島のさきっぽにある珠洲市で造っているお酒ですね。
f:id:sakearchive:20190513151415j:image
うん、旨いですね~。『宗玄』は比較的味のしっかりした酒質だとは思いますが、こちらのお店のメニューでは割りとライトな部類というね(笑)

『丹沢山 凛峰 山廃純米無濾過生原酒』はの常温での提供です。
f:id:sakearchive:20190513151411j:image
ナッツのような生ヒネ香(褒めてます)と野太い旨みがたまらねー!!丹沢山も最近は軽快なお酒も作っていますが、個人的に求めているのはやっぱりこの重量感なんだなーと実感します。

料理のメニューはこちら。何度か利用した感触では、刺身と燻製の盛り合わせがマストかなという印象です。f:id:sakearchive:20190513151315j:image
刺身のクオリティーは悪くないと思います、ただ、クラフトビールも無濾過生原酒もやや合わせにくいのが難点なんですよね~…。

その点『燻製の盛り合わせ』はビールと無濾過生原酒のどちらにもピタッと合います。f:id:sakearchive:20190513151300j:image
数種類盛り込まれている中でも栄螺や砂肝などコリコリとした食感のものも含まれていてなかなかいいアクセントなんですよね。

こちらは『加賀太胡瓜』。食べかけです、スミマセン(笑)f:id:sakearchive:20190513151242j:image
聞き馴染みのない方も多いかも知れませんが、石川県では有名な夏の食材ですね。個人的にこういった居酒屋で軽くつまめる野菜のメニューが豊富なのはありがたいです。

おわりに

そんなわけで今回訪れた『万事快調』、やはりビールも日本酒も好きな方にはオススメできる良店ですね。

1~2名ならビアタップのすぐそばのカウンター席もオススメです。スタッフの方からガッツリ話しかけてくるようなお店ではありません。しかし、色々聞けばわりと答えてくれると思います。

私の住んでいる横浜からは遠いのでしょっちゅうは行けませんが、池袋に用事があるときはまた寄らせていただきます!

それではまた。 

関連ランキング:ビアバー | 池袋駅北池袋駅東池袋駅

東京都内でオススメのお店(酒屋の角打ちも含む)をピックアップしました。ぜひこちらもご覧ください↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp 

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp