しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

石川県『長生舞(ちょうせいまい) 夏限定 ロック酒 無濾過高濃度 生詰原酒』夏でも問答無用のパワープレイ。粗削りですが、心にずしっと響く中毒性の高い1本です!

広告

こんにちは、しーたかです。

今回は『長生舞(ちょうせいまい) 夏限定 ロック酒 無濾過高濃度 生詰原酒』をいただきました。
f:id:sakearchive:20190726160858j:image
長い、長いよ名前が…。石川県河北郡の久世酒造店のお酒です。

石川県で濃醇旨口の代表格といえば『菊姫』や『天狗舞』 あたりの山廃仕込みの銘酒が挙げられますが、山廃とは違った方向でパワーのある『長生舞』。前回飲んだひやおろしの超絶ドライなテイストにはガッツリやられました(笑)

sakearchive.hatenablog.jp

前回のひやおろしは大辛口という触れ込みでしたが、今回いただく『長生舞 夏限定 ロック酒 無濾過高濃度 生詰原酒』はどっしり甘めという前評判です。アルコール分19.9度の原酒をオン・ザ・ロックで飲むのがオススメとのこと。

あぁ夏でもやっぱりストロングスタイルを貫くのね、この酒蔵さんは(笑)

甘かろうか辛かろうがどんな季節であろうが、腰の強い酒質で愚直に勝負する久世酒造店のスタイルには好感を抱きますね~!今回も楽しみにいただきます。

『長生舞 夏限定 ロック酒 無濾過高濃度 生詰原酒』なかなか類を見ないパワフルな酒質設計。なぜか懐かしみも感じる素朴な旨味。なんかクセになるんだよなこのお酒(笑)

『長生舞 夏限定 ロック酒 無濾過高濃度 生詰原酒』の裏ラベルはこちらf:id:sakearchive:20190726160907j:image
スペック表も貼っておきます。

原材料 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
原料米 長生米(久世酒造店オリジナル米)
精米歩合 70%
仕込み水 軟水(霊水「清水の湧き水」)
日本酒度 -1.5
アルコール度数 19.9度

それではいただいてみましょう。

グラスに口を近づけると、フレッシュなやや青めの香り、わずかにバナナのニュアンスも感じられます。なんというか奥底から持ち上がってくるような味が多そうな香りなんですよね(笑)

口に含むと、バナナやミントのような香りとともに、ワイドで分厚い甘旨味が押し寄せてきます。

生詰なので清涼感もあるのですが、いかにも田舎の地酒的な素朴な旨味が強いですね。アミノ酸をがっつり感じます。やっぱり雑味というか味も多いしパワフル。

でも何故か嫌な感じがしないのは、どことなく昭和の二級酒ライクな懐かしみのある味わいだからでしょうか。

たしかにロックにしてちょうどいい設計ですね。ストレートでカパカパ飲んでいたら色んなことがどうでもよくなると思います(笑)

それにしてもどっかで飲んだことのある味ですねー。同じオン・ザ・ロックが推奨のお酒で言えば、玉川のアイスブレーカーをふた回りほどパワフルにした感じかな?ひと夏に一度は飲みたくなるような謎の中毒性のあるお酒です(笑)

酒粕と味噌の床に漬けた豚の焼き物とか絶対合うな~!合わせる料理のイメージは湧きやすいお酒ですね。

決して上品な味とは言えませんが、いいお酒だと思います。あーはやくひやおろしが飲みたいねぇ。

それではまた。

石川県のオススメの日本酒をピックアップしました。ぜひこちらもご覧ください↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp