しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

ビールなのにまるで白ワイン!?『ネルソン・ソーヴィンの真髄』のアロマに衝撃を受けるの巻

広告

こんにちは、しーたかです。

今回は久しぶりにビールのレビュー記事です。というのも最近コンビニで面白いビールを見つけましたんです。

それがコチラ『ネルソン・ソーヴィンの真髄』です。
f:id:sakearchive:20171105153702j:image
なんとも仰々しいネーミングのこのビールは、サッポロビール(株)の完全子会社であるジャパンプレミアムブリュー(株)のプロダクト。

いわゆるクラフトビールの市場が拡大してきて、最近では大手ビール会社も個性的なビールを造るようになってきましたね!酒飲みとしては家飲みの選択肢が増えてうれしい限りです。

購入場所は家の近所のサークルケーサンクス。発泡酒でも買おうかなぁなんてと思ってビールの陳列棚に近づいたのですが、およそコンビニで販売されているビールのネーミングとは思えない『ネルソン・ソーヴィン』という響きがどうにも気になって購入していました。

『ネルソン・ソーヴィン』はホップの種類!ある白ワインと香りがそっくり?

「ところで、ネルソン・ソーヴィンとはなんぞや」という話ですが、詳しくは缶の裏に色々書いてありますね。
f:id:sakearchive:20171105153729j:image
『ネルソン・ソーヴィン』とはホップの品種のことで、ニュージーランドのネルソン地区で栽培されているものなんだそうです。

面白いのは名前の由来で、パッケージによると

ネルソン地区で飲みなれたソーヴィニョン・ブランワインと香りがそっくりだったため 

 とあります。

おぉ!そういうことか。ソーヴィニョン・ブランと言えば白ワイン用のブドウ品種。青々しい香りが特徴の品種です。

ソーヴィニョン・ブランを使った有名なワインといえば『クラウディ・ベイ』なんて有名ですね。飲んだことがない方は、シャルドネのワインと飲み比べると「あーなるほどね」と個性の違いに納得されるのではないでしょうか?

 

で、『ネルソン・ソーヴィンの真髄』は果たしてどれぐらい白ワイン(ソーヴィニョン・ブラン)に近いのでしょうか?さっそく飲んでみましょう。

 

香りを嗅いでみると、たしかに白ワイン!というかブドウ、マスカット系の香りがします。爽やかで軽やか。

「ビールは全然飲めないよ」って方でも、香りを嗅いだら思わず飲んでみたくなってしまうかも?

口当たりは軽く、やはりマスカットのような芳醇な含み香とともにキレイに抜けていきます。おぉこれは飲みやすい!

ソーヴィニョン・ブランに似ているかと言われるとどうかな?という気はしますが、まぁそこは置いておきましょう。

総評すると、マスカットのようなフルーティーな香りで、ライトな飲みやすいビール。というところでしょうか。

コンビニで手頃な価格でわかりやすく個性のあるビールが買えるという点でかなり評価できると思います(なぜか上から)。

個人的に『ネルソン・ソーヴィン』というホップは全く知らなかったのですが、今回飲んでみてガゼン興味が湧いてきましたねー!

『ネルソン・ソーヴィン』使用の他のビールもぜひ飲んでみたいところです。

それではまた。

ビールの記事もごく稀に更新しています。オススメ記事はコチラ↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp