読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

青森県・陸奥八仙の新商品!スパークリング日本酒『陸奥八仙 Brut 2016 a-type』を飲みました

日本酒の紹介 日本酒の紹介-青森県の日本酒

広告

こんにちは、しーたかです。

百貨店やスーパーに行くと必ず、酒コーナーを覗いてしまう私です。

この間、溝の口のKissyo Select 丸井ファミリー溝口店で面白いものを購入しました。

それがこちら!『陸奥八仙 Brut 2016 a-type』

f:id:sakearchive:20160927155059j:image

青森県の八戸酒造の新商品です(^-^)一見するとワインのボトルのようなデザインですね。今回はこちらをレビューしますよー!

『陸奥八仙 Brut 2016 a-type』はスパークリングタイプの日本酒!その特徴は?

青森の『陸奥八仙』といえば、地酒ファンには広く知られている銘柄。

東京や神奈川県での酒屋や飲食店で見かけることが多いので、ちょくちょく飲む機会があります。

レギュラーの商品はどれも美味しく、『陸奥八仙』は私のなかで「安定感」がある銘柄というイメージです。飛び抜けた個性はない代わりに、コンスタントに良品を市場に送り続けている…

と以前は思っていました。ですが、どうやらそれは私の認識違いだったようです。

コンスタントに質の高い酒造りをする一方で、かなり意欲的な酒も出荷しているんですね!

今回紹介する『陸奥八仙 Brut 2016 a-type』は「フランスのシャンパーニュを日本酒で再現しよう」というコンセプトで造られたお酒です。

発泡タイプの日本酒が活況を呈する昨今、「シャンパーニュと渡り合えるスパークリング清酒を」と意気込む蔵は多いですよね。

しかし意外や意外に「シャンパーニュを再現する」という試みはあまり聞かないような気がします。遊び心を感じますね。

『陸奥八仙 Brut 2016』シリーズは『a-type』『b-type』『o-type』と3種類を展開しています。f:id:sakearchive:20160927155129j:image

ん、これってもしかして血液型?なぜかABだけありません(笑)

私が購入した『a-type』は青森県オリジナルの清酒酵母を使用、酒造りの要となる麹造りには白麹を用います。

白麹は、主に焼酎造りで使われることが多いのですが、最近は日本酒造りに使用する蔵が増えてきました。

日本酒造りで白麹を使うメリットは、白麹に含まれるクエン酸によって、爽やかな酸味が出やすくなることでしょう。

白麹を使った日本酒で有名なものは、あの新政の『亜麻猫』や富久長の『海風土(シーフード)』、あと手に入りやすいところだと『上善水如 純米 白こうじ』あたりでしょうか?

白麹を使った日本酒は、どれを飲んでも柑橘類を口に含んだときのようなキューっとした酸味を感じます。

まだ飲んだことがない方には、ぜひ試していただきたい味わいです。白ワインが好きな方には特にオススメ。ひょっとしたらクセになるかもしれまんよ!

味わいは、爽快にしてドライな本格派!ワイン好きが日本酒にハマるきっかけになりそうな魅力があります!

それでは試飲してみましょう。ボトルを開栓しようとすると、一気に泡が立ち上って噴きこぼれそうになりました!危ない危ない!

よく見たら裏ラベルにも「噴き出す恐れがありますので、よく冷やしてからそっと開栓してください。」と書いてありました…。

シャンパンやスパークリングワインと同じ瓶内二次発酵という製法で造られているため、泡がけっこう元気いいです。こういうのは少しずつ開けないといけません。

おそるおそる開栓して、グラスに注ぐと、控えめながら香りが立ち上ってきます。いかにもドライな味わいを連想させる硬質な香りです。

個人的にスパークリングタイプの日本酒は、甘さがベッタリしない、ドライなタイプが好みです。なので、これは飲む前から口に合う予感がします!

十分香りを堪能した後、口に含みます。

ファーストアタックは、ややライトな米の旨み。旨みを感じるや否や、白麹由来のキューっとした締まるような酸味が迫ってきます!

おぉ酸っぱい!けど爽やかだ!白麹の酸味に炭酸の刺激も相まって爽快感があります。

これほどキャッチーな味わいにも関わらず、アフターは極めてドライにまとまっています。これはいいね。

なんといっても香りから最後の余韻までにストーリーがある。全体の骨格もしっかりしていて、シャンパンに対抗しうるポテンシャルを感じます。

欲を言えば、複雑な味わいがプラスされると、よりシャンパンに近づけるように思います。

思った以上に面白い試みでした。『陸奥八仙』というブランドの上にあぐらをかかない姿勢、いいですねー!これからも注視していきたい銘柄です。

※楽天で『陸奥八仙 Brut 2016 O-type』を発見しました!

O-typeはワイン酵母仕込みのスパークリング清酒です。いつまであるかわかりませんので、気になる方は見つけたときに買うのがよろしいかと思います。

それではまた!

 10月も日本酒イベントがアツい!開催情報はこちら↓

sakearchive.hatenablog.jp