しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

神奈川県『相模灘 特別純米 辛口 無濾過生 おりがらみ』まるでメロン風味のHAZY IPA。気っ風のいい旨味と爽快感の伴ったお酒です!

広告

こんにちは、しーたか(@s_sakearchive)です。

今回は『相模灘 特別純米 辛口 無濾過生 おりがらみ』をいただきました。f:id:sakearchive:20200602214740j:image
神奈川県相模原市の久保田酒造のお酒です。

当ブログでは意外にも初登場の『相模灘』。『いづみ橋』や『松みどり』と同様に、神奈川県在住の日本酒ファンならおそらく一度はお世話になる銘柄ですよね~。

そうそう、今回記事を書くにあたって、久保田酒造のHPを初めて拝見したところ、意外と言ったら失礼かもしれませんが、蔵の歴史や銘柄のコンセプトなど詳細に記載されていて驚きましたねー。

WEB方面までまったく手が回らない酒蔵さんも多い中、ブログまで頻繁に更新されているマメっぷりですよ!『相模灘』ファンの方はぜひ一度覗いてみてください。

www.tsukui.ne.jp

さて今回いただく『相模灘 特別純米 辛口 無濾過生 おりがらみ』は、ラベルにこそ記載はありませんが、おりがらみのお酒です。私はレジに持っていくまでおりが入っていることに気がつきませんでした…(笑)

原料米は長野県産の美山錦だそうです。そうそう、美山錦で醸すシャープなお酒は『相模灘』の十八番でしたよね!

また、今回のお酒もそうですが『相模灘』の商品はすべて無濾過で出荷されるのも特徴のひとつです。

無濾過ならではの酒本来の旨み、そしてキレのいい味わいを期待していただくことにいたします。 

『相模灘 特別純米 辛口 無濾過生 おりがらみ』ほどよく芳醇でドライ。ツボを押さえつつもおおらかな味わいで心地よく酔わせてくれるいいお酒です!

『相模灘 特別純米 辛口 無濾過生』の裏ラベルはこちらf:id:sakearchive:20200602214754j:image
スペック表も貼っておきます。

原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 長野県産 美山錦 100%
精米歩合 55%
使用酵母 9号酵母
日本酒度 +7.5
酸度 2.0
アルコール分 16度

それではいただいてみましょう。

グラスに口を近づけると、若いメロンや麹の香りがします。ややくぐもったニュアンスを感じるのはおりの量がやや多いからでしょうか?

口に含むと、メロンや洋梨のような香りとともに、おりを含んでやや丸みのある甘旨みが膨らみます。

ボディはそこそこ幅もあるけど、みずみずしさやおりの質感があって心地よいですね。

乳酸ライクな旨みと酸が織り成すジューシーさ、そして外連味のないドライさが絡み合ってこりゃ爽快…!この手のお酒はついゴクゴク飲んでしまいますね。

味わいとしてはけっこうアバウト。キメの細かさや繊細さはほとんどないんですけど、逆にそこがいいんですよね~!

淀みないキレの後味まで一貫して気風の良さを感じさせるんだよなぁ。頭空っぽにしてスイスイ飲みたいお酒です。

そんなわけで今回いただいた『相模灘 特別純米 辛口 無濾過生 おりがらみ』、少し汗ばむ陽気の日にゴクゴク飲みたくなる、ほど良い旨味と爽快感のあるお酒でした!

あえて例えればビールのHAZY IPAに近いイメージかなー。浮かれすぎず、かといって地味すぎず、なかなかいい塩梅の1本です。

それではまた。

神奈川県のオススメのお酒をピックアップしました。こちらもぜひご覧ください↓ 

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp