しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

富山県『満寿泉×アンリ・ジロー樽 純米大吟醸 2017』シナモンの香りやシルキーな酸が特徴の変わりダネ大吟醸酒をいただきました。

広告

こんにちは、しーたか(@s_sakearchive)です。

今回は『満寿泉×アンリ・ジロー樽 純米大吟醸 2017』をいただきました。
f:id:sakearchive:20200725181847j:image
富山県富山市の桝田酒造店のお酒です。

かつて三盃幸一杜氏が在籍し、吟醸酒のパイオニアとして名を馳せた銘醸蔵です。「まんじゅせん」と誤読されやすいですが、正しくは「ますいずみ」です。

全然関係のない話ですが、この間、表参道のキディランドに寄ってみたら、『満寿泉』とキットカットがコラボした日本酒味のチョコレートの売れ残りが50%OFFで叩き売られてました。

なぜキディランドに?なぜ日本酒キットカット?思わず「うわぁ…」と力ない声を漏らしてしまいました。

そりゃ誰も買わんだろ…日本酒ファンの私ですら半額になっていても買わなかったもんね。

さて、今回いただく『満寿泉×アンリ・ジロー樽 純米大吟醸 2017』は、シャンパンメーカーの大御所アンリ・ジロー社でワインの熟成に使用されたアルゴンヌ産のオーク樽を利用し、純米大吟醸酒を6ヶ月の間熟成させた1本です。

アンリ・ジロー…ワインやシャンパンを嗜む方なら知らない人はいない超名門メーカーですよ!私もかつて熱心なワインラバーだった学生時代の頃にたまーに嗜んでおりました。今思えば身の程知らずでしたね。ワインから距離を置いてもうすぐ10年、別の形で邂逅を果たすとは思いもよりませんでした。

『満寿泉×アンリ・ジロー樽 純米大吟醸 2017』自宅で飲むには無謀すぎたー(笑)ペアリングに造詣の深い飲食店で楽しむほかないでしょう。しかし1本を通してあれこれじっくり試してみると間違いなく経験値は上がります。ただの素人が経験値上げてどうするんだって話ですが…。

『満寿泉×アンリ・ジロー樽 純米大吟醸 2017』の裏ラベルはこちらf:id:sakearchive:20200725181857j:image
ほぼ必要ないとは思いますが、スペック表も貼っておきます。

原材料 米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合 50%
アルコール分 16度

コルク栓なのでワインオープナーを用意しておきましょう。ちびちび嗜むならバキュバンもあった方がいいかも?私はあえてコルク栓をそのまま刺しておきました(ものぐさなだけです)。

それではいただいてみましょう。

グラスに口を近づけると、酸が主導するプラムのような果実香がします。ココナッツやシナモンっぽいオーク樽らしい風味も纏っているイメージでしょうか。

口に含むと、やや枯れ感のある旨酸っぱさが飛び込んできます。大吟醸の酒とは思えない芯の強い味わいですが、シナモンやバニラを思わせる樽のニュアンスが小慣れ感を演出します。

表面的にはシルキーでキュンとした酸味なんですけど、やっぱり独特ですよねー。シャンパンライクに複層的な酸味、そこに淡い渋みも絡み合って厚みを形成していきます。

超どうでもいい話ですが、アンリ・ジローと聞くと、以前良くしていただいた冗談好きのソムリエさんを思い出します。

「しーたか君、今日は何からいく?」「えーなんにしようかな…とりあえずスパークリングがいいですかね?」「なんにしよう?それならアンリ・ジローで決まりだね(笑)昨日常連さんが開けていったから飲んでいってよ」

「しーたか君、世界の3大ジローって知ってるかい?」「えーワインですか?全然思い付かないです!」「聞いたことなかった?アンリ・ジロー、すきやばし次郎、ラーメン二郎だよ」

あの饒舌なソムリエさんが今回の『満寿泉』を飲んだら何とコメントするだろうか?

素人が自宅で楽しむにはちょっと持て余してしまう酒ですね。テイクアウトした街の中華にもピッタリ合いましたが本領はそこじゃありませんしねー。漬けのマグロとぶつけたらハマればハマるかも?とにかく一級品の料理があって初めて昇華する酒じゃないでしょうか。こんな何もないボロ家に連れてきて申し訳なかったと思う(笑)

 

そんなわけで今回いただいた『満寿泉×アンリ・ジロー樽 純米大吟醸 2017』、純米大吟醸とは思えない重厚な酸が特徴の1本でした。

自宅で飲むにはなかなか気難しい酒を買ってしまいましたね(笑)あれこれ試しましたが、ポテンシャルの半分も引き出せなかった気がします。

ただ、いい酒は誰がどう飲んでもそれなりに旨いもの。せっかくのアンリ・ジロー樽ですし、もっと明確にスーパーなお酒が造れるんじゃないのかなーって気はします。お値段1本9000円なので多少は口を出しておきます。

同じ満寿泉の樽熟なら、この間外で飲んだシーバス・リーガルの樽熟が出色の出来だったので、そのうち家でじっくりやってみようと思います。

www.yoshidawines.com

それではまた。 

酒飲み垂涎!一度は飲みたい高級酒特集!独身のうちにガンガン掘っておきたいです(笑)

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp