しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

新潟県『松乃井 吟醸 越淡麗 袋しぼり』ビギナーからマニアみんな振り向く優美な味わい、そして淡麗なアフター。松乃井のいいところ全部詰まってるからみんなぜひ飲んでみて!

広告

こんにちは、しーたかです。

今回は『松乃井 吟醸 越淡麗 袋しぼり』をいただきました。f:id:sakearchive:20191016163758j:image
新潟県十日町市の松乃井酒造場のお酒です。

銘酒ひしめく新潟県のなかでも個人的にかなり推しの銘柄。以前、知人のツテで蔵見学もさせていただいたこともあり、思い入れがあるんですよね。といってももちろん酒質が素晴らしいのは前提です(笑)

実際、『松乃井』を飲んだことがある方は頷いてくれると思いますけど、どのお酒を飲んでも妥協をしてないからこそにじみ出る真面目な味がするんですよ~、いや本当に!

酒蔵さんで見学をさせていただいたときも、地に足をつけながら酒質アップに取り組まれている印象を受けました。

現状のリソースで可能なことはすべてやる。堅実に経営しつつも将来への設備投資を怠らない。そんな酒蔵さんとしてのお手本のような姿勢に心を打たれたんです。

見学に行く前から『松乃井』の酒は安すぎるのではないかと本気で思っていました。これほどのクオリティーのお酒がこんなに安くていいのかと。よほど手間隙をかけないと出来上がるはずがないよな…と漠然と思っていたですが、実際に見て聞いたところやはりその通りでした。

杜氏さんに「これほどに手間隙をかけて、しかも出来上がっているお酒もめちゃくちゃ美味しいのに、こんなに安く売っていいんですか?」と伺うと

「値上げすることでお客さんが離れたらうちも困るしね。それに美味しいと言ってくれる人がいるから頑張れるのかな」とのこと。飾らない語り口からのこのアンサー。大変痺れました。

酒の味に惚れ、お人柄に惚れましたよね。これはもう一生ついていくしかないよね(笑)『松乃井』は蔵も酒も良心の塊なんです。

特に今回いただく『松乃井 吟醸 越淡麗 袋しぼり』は、『松乃井』を飲んだことがない方には絶対飲んでいただきたい逸品です!

長くなりましたので、詳細は次の見出し以降で。

『松乃井 吟醸 越淡麗 袋しぼり』裏ラベルの説明文の「言葉では伝えきれないこの味わい」というのは正にその通りで、伝えきれないのがもどかしい(笑)とにかく全員飲め!いいから飲め~!

『松乃井 吟醸 越淡麗 袋しぼり』の裏ラベルはこちらf:id:sakearchive:20191016163805j:image

スペック表も貼っておきます。

原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 新潟県産 越淡麗 100%
精米歩合 50%
アルコール分 15度以上16度未満

いちおう説明しておくと、『越淡麗』は新潟県のオリジナルの酒米ですね。山田錦と五百万石を親にもち、新潟県としては長年の悲願であった高精白に耐えうる大吟醸向けの品種として知られています。

精米歩合は50%、しかも大変手間のかかる『袋しぼり』という作業でお酒を搾るので、ほとんど大吟醸ですよ、このお酒は!(笑)

これをあえて下のグレードの吟醸でリリースする『松乃井』の控えめな姿勢には頭があがりません…。

それではいただいてみましょう。

グラスに口を近づけると、マスカットや白桃のような香り。派手すぎず、かといって物足りないわけでもなく適度なボリュームの香りに期待が膨らみます。

口に含むと、袋しぼりならではの柔らかく優美な味わいが…!糸を引くように澄んだ淡い甘みが長く続いていきます。フジワラヨシトさんの「田んぼが見える」のスタンプを連打したくなるぐらいうっとりしますね(笑)

やや軽めの酸味を合図に淡麗なフィニッシュにシフト。淡麗も持ち合わせているのが「らしい」ですね。生酒だともう少し重くなるのでしょうが、こちらのお酒は1回火入れとのこともあってか、くどくなりすぎず個人的にはいい塩梅です。

そんなわけで今回いただいた『松乃井 吟醸 越淡麗 袋しぼり』は、まるで花も恥じらう乙女のようなお酒!清楚でいて芯のある素晴らしい仕上がりに心が満たされるようでした。

開栓後は1週間以内を目安に飲みきった方がよさそうですね。1週間を越えてもそこそこ美味しいですけど、やはり香り系の宿命か、やや短命な感じを受けました。

それ以外は欠点のほぼない美酒だと思います。もっと知られてほしいと心から思える銘柄のひとつですねー。すばらしっ。

それではまた。

以前いただいた『松乃井 特別純米生原酒 おりがらみ』も素晴らしい出来でした。ぜひこちらもご覧ください↓

sakearchive.hatenablog.jp

新潟県のオススメのお酒をピックアップしました。こちらもぜひご覧ください↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jpsakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp