しーたかの日本酒アーカイブ

日本酒の魅力について、もっと語りたくなったからブログを始めたんだ

宮城県『綿屋(わたや) 情熱 純米吟醸酒 山田錦55』スマートでキリッとした酒質の中に垣間見える柔らかい風味が綿屋の真骨頂。君嶋屋のPB商品をいただきました。

広告

こんにちは、しーたか(@s_sakearchive)です。

今回は『綿屋(わたや) 情熱 純米吟醸酒 山田錦55』をいただきました。f:id:sakearchive:20200701200206j:image
宮城県栗原市の金の井酒造のお酒です。

純米酒の県・宮城のお酒の中でも特に食中酒寄り、柔らかい質感で勝負するお酒です。タイプ的には『山形正宗』とも近いかなーとも思うのですが、もう少し線が細くシャープな印象でしょうか。

さて、今回いただく『綿屋 情熱 純米吟醸酒 山田錦55』は、横浜に本店を構える酒販店『君嶋屋』のPB商品、通称・情熱シリーズのお酒です。 

横濱君嶋屋オリジナル日本酒 情熱シリーズ

詳しくはリンク先を参照していただきたいのですが、情熱シリーズは食事に寄りそう穏やかな香りのお酒を大事にする君嶋屋らしい、いかにも玄人好みしそうなお酒が多い印象があります。

ただ、この情熱シリーズ、色々種類がありすぎてどれを買っていいのか迷いがちです。種類が多すぎると逆に選べないことってありますよね?

そんな「情熱シリーズは結局何から買ったらいいんだ!」とお悩みの方は、まず『綿屋』を買いましょう、『綿屋』を。まずはこの『綿屋』を飲んでみる。飲んでみて味わいにピンと来なかったら、情熱シリーズは以後買わなくていいと思います!極端な話をしましたけど、裏返すとそれぐらい安定感もあるし質も高いってことなんですよね。

情熱シリーズの『綿屋』は赤いラベルと白いラベルの2種類が発売されているのですが、今回は白いラベルの山田錦バージョンの方をいただきます。

個人的には赤いラベルの亀の尾の方はちょくちょくリピ買いしているんですけどね。たまには白い方も飲んでみたくなったので今回はこちらで。赤の方はまたいずれ紹介できればと思います。

『綿屋 情熱 純米吟醸酒 山田錦55』折り目正しい紳士をイメージさせるような穏やかで実直な味わい。味自慢の飲食店でちょくちょくみかけるのも納得ですね~。

『綿屋 情熱 純米吟醸酒 山田錦55』の裏ラベルはこちらf:id:sakearchive:20200701200221j:image
スペック表も貼っておきます。

原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 徳島県産 阿波山田錦 100%
精米歩合 55%
使用酵母 宮城酵母
日本酒度 +4.5
酸度 1.6
アルコール分 15度

それではいただいてみましょう。

グラスに口を近づけると、青竹のような穏やかで清々しい香り。バナナやメロンも感じなくはないんだけどだいぶ控えめな感じですね。吟醸酒でも果実感が前面に出てこないところが『綿屋』の個性のひとつなのかなーと思います。

口に含むと、新芽のようなやや青々しい香りとともにキメの整ったプレーンな甘旨みが膨らみます。つるっと滑りのいい舌触りでありながら、そこはかとない柔らかさも持ち合わせているのが実にいいですね~。

まるでカチッとジャケットを羽織っている感じ。折り目正しい。旨みが涼しげで一見シャープなのに舌で転がすとクリーミーでやや複雑味も感じられます。

後味はキリッとした軽快な酸味とほろっとした苦味ですっきりドライにキレていきます。

冷酒で飲んでも美味しいですし、常温に近い温度になるとエキス感をキャッチしやすくなります。燗はどうなんでしょ?あえてやろうという気にはなりませんでしたが、ぬる燗あたりは悪くないかもしれませんね。

今回は近所で買ってきたお寿司と一緒にいただいたのですが、これがめちゃくちゃ合うんですよねー。ちなみに公式ページでは『綿屋』と合わせる料理に「鯛や平目のお造り、白子ポン酢、魚のムニエル、海老しんじょうなどの魚料理、またレモンバターソースを使用したものなど」と紹介されています。私も概ね同意。料理を引き立てる助演男優賞的なお酒なんですよね。こういう酒の良さがわかるまで時間がかかりました(笑)

shopping.kimijimaya.co.jp

それではまた。

宮城県のオススメのお酒をピックアップしました。こちらもぜひご覧ください↓

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp

sakearchive.hatenablog.jp